アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2017 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

上院および下院の退役軍人委員会は、退役軍人(VA)スキャンダル以来約2ヶ月ぶりに、崩壊したVA医療システムを改善する法案協議の合意に達したことを公表した。複数の超党派のリーダーは6月初旬までには暫定的合意に達していたが、その後も超党派の交渉は6 週間続いた。28日午後、退役軍人上院委員会の委員長であるバーニー.サンダースは記者会見で170億ドルの合意に達したと発表した。最近の報告では、まだ大多数の退役軍人が長時間予約を待っている状態であるが、法案の投票予定日は不明である。

驚異的な持ち時間に関して情報操作し、待っている間に複数の患者が死亡したショッキングな事件が表面化した後、崩壊した退役軍人の医療システムを改善することが議会の優先課題になっていた。今日、両院退役軍人委員会の代表者が合意した資金は170億ドルであり、28 日のAP によると、その中には、 VA医療システム下で緊急患者の予約が不可能な場合、民間の医療施設を利用可能にする為、民間の医者に支払う緊急支出に100億ドルが含まれている。また、医者、看護婦、及び医療関連職員を雇用するため50億ドルが含まれている。更に、全米各地に27のクリニック施設を賃貸するため15億ドルが配分されている。 これに加えて、この法案は退役軍人が州内の大学入学を可能にする為、VAの奨学金を拡大し、経営幹部を即時解雇できる権限をVA長官に付与している。

ホワイトハウスの報道官ジァシュ.アーネストは、法案には「VAの強化を通して、退役軍人にタイムリーで質の高い医療ケアを提供するため必要な資金が提供されている」 とし、特に緊急支出が含まれていることを喜んでいると述べている。暫定的なVA長官であるスローン.ギブソンは、VAは改善しつつあるが、多くの地域ではまだ待っている時間が長いと指摘している。現在までにVA医療システムに申請している退役軍人は900万人である。今月更新されたVA監査のデーターによると、VA病院や診療所での医療を求めている退役軍人の約10%は少なくとも予約後30日間待つ必要がある。約46,000人の退役軍人は最初の予約に少なくとも3ヶ月待たされている状態であり、過去十年間で予約を申し込んだ 7,000人は予約を得たことはなかったと報告している。

最近のこの報告よりもっとひどい状況が判明した直後から、VA医療システムを改善する為、草案を練っていたサンダースは 「この法案は、健康管理のリストに長期的待機を強制されていた退役軍人の危機に対して、我々が即時対処することを確実にする」と述べていて、両院は支持すると予測している。この合意による法案は、まず両院交渉委員会で投票し、次に下院議会および上院議会で投票する必要がある。 緊急に投票する必要があるが、議会は8月から5週間の休暇に入る為、具体的な両院フロアーでの投票スケジュールについては不明である。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。