アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2017 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

1948 年8月10日は33代大統領ハリー.トルーマンが国土安全保障法案に署名した日である。これは冷戦時代を象徴する顕著な法律であり、現在最も重要な連邦政府の外交政策の主軸になっている。この国土安全保障法(NSA)は様々な機関を結成する結果となった。なぜ、国土安全保障法(NSA)は最も強力なのだろうか?

トルーマン政権はNSA制定に伴い、米国国防総省、統合参謀本部、軍事サービスの支流として国防総省の管轄下で空軍、陸軍、および海軍を設立した。 マンハッタン生まれで、1944年から47代目の海軍長官であったジェイムス.フォレスタルが最初の国防総省長官に任命された。NSAの制定は、国家安全保障と外交政策に関して、大統領に助言する機能を持つ国土安全保障会議(NSC)の設立に繋がり、NSCの監督下で中央情報局(CIA)が設立された。NSCの組織は、大統領の為に他の機関の外交政策情報を調整するための内閣レベルの顧問機関であり、大統領、副大統領、国防長官、国務長官、および中央情報局長などがホワイトハウスで会議を行い、短期的および長期的な外交政策について協議する機能を備えている。

1947年のNSAは非常に広範な軍隊を設立する変化をもたらした。新たに結成された空軍省を指揮する国防長官の監督下で、陸軍省と海軍省は国防省に併合された。しかし、空軍、陸軍、海軍はそれぞれ独自の任務を果たす役目があった。1949年には1947年のNSAを改正し、空軍、陸軍、海軍の各部署の長官を指揮する国防長官の権力を拡大した。この3つの軍隊は、引き続き国防総省の管轄下に置かれている。

国土安全保障法(NSA)は軍隊を含む様々な組織の結成に発展した歴史が示す通り、冷戦を制度化した為、最も強力な法律の一つであると言える。また、米国の外交政策を指揮し、戦略的な考察を行う影響力が多大であったNSCの設立に至った。NSAの制定後から1991年の冷戦終焉までの全大統領は、世界的規模で共産党を封じ込めるため中心的役割を果たし、CIAの様々な秘密作戦を認可した。1950年代、CIAは冷戦時代の外交政策として秘密作戦の中心的役目を果たしたことで最も影響力のある機関になった。現在では外国政府、企業、個人情報の収集と分析を行うことが原則的な活動であるが、透明性が希薄である為、一般的には否定的なイメージが強い。また、NSA制定の翌年、トルーマンは東ヨーロッパに拡大していた共産党の影響力を封鎖する為、多額の融資を提供するマーシャル.プランと呼ばれる経済協力法案にも署名し、一部ヨーロッパ諸国の経済を活性化させたことで知られている。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。