アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2016 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

ミズリー州のファーガソンで警察官に射殺された18歳の黒人男性マイケル.ブラウンの家族は、個人的に解剖を依頼していた為、今日その解剖結果が報告された。昨夜は、一部の抗議者による過激な暴力的行為があった為、ミズリー州知事は、今日国家警備隊を配置すると発表した。緊張が高まっている事態を受けて、急遽休暇を返上し、ホワイトハウスに戻ったオバマ大統領は、記者会見でファーガソンの状況について短いコメントを伝えた。

今朝の記者会見で、解剖結果を報告したニューヨーク市の元監察医主任であるマイケル.ベイデンと彼の助手は、少なくとも6回射殺された形跡があるブラウンの解剖図を用いて、次のような結果と感想を語った。(1) 解剖図は右腕を4回、頭部中心と右目上部の眉毛のあたりを射たれていることを示している。(2)全て銃弾は正面から射たれた可能性があるが、腕は様々に動く性質があるため、他の角度から射たれた可能性もある。(3)銃弾火薬が彼の皮膚に残っていないため、かなりの至近距離から射たれたものではないようであるが、銃弾火薬が彼の衣類に幾分残っていることが後日判明すれば、状況は変わる。(4) 6回発射された銃弾は多数の傷を生じ、少なくとも1つの銃弾は 5つの傷を残したことも含めて、幾つかの銃弾は数回、跳ね返っている。(5)腕の銃弾跡はこれだけなら生存可能である為、頭部の射撃が致命的結果に至ったことを示している。(6)ブラウンが葛藤した(銃を奪おうとしてもがいた )形跡はない。(7)射たれた時の状況、およびパトロール車の中で何があったかは不明である 。

同州知事のジェイ.ニクソンは18日、9日の事件以来、混乱と暴動が続いている現状で、早く平和を回復し、ファーガソンの市民を守るため、セントルイスの郊外にミズリー州の国家警備隊を配置する知事令に署名した。その声明で 「希望と祈りの平和な抗議行動だった日は暴力的な犯罪行為によって損なわれ、ファーガソンの住民やビジネスを危機に晒す行動を取る多くの州外の地域からの個人が増え組織化している」と指摘した。また、「法務執行員に火炎瓶を投げ、民間人に発射し、物品を略奪し、道路を遮断し、ユニファイド.コマンド.センターに群がるなどの犯罪活動を強く非難するため、ファーガソンおよび全てのミズリー州の人々と団結する」と述べ、「これらの暴力行為はマイケル·ブラウンの家族及び彼の記憶に、また正義を求め、自宅で安全であることを望んでいるこの地域社会の人々に迷惑である」と指摘した。従って、ファーガソンの人々の生命や財産に危機感を与え、意図的に暴力を激化させている現状に際し、「平和を回復するため、優秀な男女で構成されるミズリー州の国家警備隊を指揮する」と宣言した。

警察当局は、外出禁止命令に初日から違反し、ファーガソンの道路にたむろしている抗議者らを退散させるため、ゴム製の弾丸や、キャニスター煙、催涙ガスなどを利用しているが、知事令は、日曜日の夜、一部の抗議者らが意図的に火災瓶を警察に投げ、これまで最も過激な反撃に出た様子が放映された後の決断である。抗議者達は、警察は兆発的な行動をしたと反発した。一方、警察側は、抗議者の火薬瓶の使用や公共の建物の破壊は警察を挑発するための「意図的な犯罪行為である」と主張している。このような状況から、今朝、ハイウェイ.パトロールのロン.ジョンソン警部は、抗議活動は認めるが一部の抗議者が暴力的になってきた為、国家警備隊を配置し、平和的な抗議活動家のみを許可すると発表した。

オバマ氏は休暇を返上し、ホワイトハウスに戻り、今日東部時間午後4:30分から記者会見を行い、司法省は公民権の角度から調査中であること及び、連邦政府の監察医は付加的な解剖を行っていることを報告した。また、司法長官のエリック.ホルダーは今週水曜日、ファーガソンを旅行し、当地のリーダー、法務執行当局、及び警察の関係者に会う予定があると伝えた。また、オバマ氏は、緊張が続いているファーガソンの抗議活動家の大半は平和的であるが、一部は、銃を持参し、警察を攻撃し、略奪していると述べた。また、不穏が続いている地域社会ではフラストレーションがあるが、「暴力は正義への努力を損なう」と述べた。更に「警察の過剰な勢力は言い訳にはならない」と述べ、警察当局と一部の過激な抗議者を警告した。

ファーガソンの事件には州および連邦政府レベルで対応しているが、現在緊急事態に直面したような状況である。今日、ブラウンを射殺した警察官が逮捕されていないことに不満を抱く抗議者は子供達も含めて行進を開始した。一部の抗議者の暴力的行為は、地域の不安と緊張を増大させている為、ミズリー州は国家警備隊を配置し、攻撃的な抗議活動家の参加を禁止した。怒りで興奮した一部の抗議者らは、暴力は問題の根本的な解決にはならないことを冷静に理解しようとしないからである。このような状況では、彼らが最も望んでいる犯罪を正義に導く上で、冷静に事の成り行きを観察している国民の支持を失う可能性もある。オバマ氏のメッセージはそのようなことを意味していると思われる。人口の67%は黒人であると言われるファーガソンの暴動への発展は、一部の抗議者にもその責任があると思われる現状が明白になっている。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。