アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2016 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

気候変動の意識が高まっている昨今、複数の企業は、通称アレックと呼ばれている保守派の米国立法取引協議会(ALEC)から脱会を発表した。グーグルの社長は脱会の理由について、アレックが「気候変動について嘘をついていたからである」と述べている。今年の夏はマイクロソフトを含む複数の大企業が同じような理由で脱会を表明した。23日はニューヨークの国連本部で気候変動サミットが開催されている。多数の参加者がスピーチを披露しているが、最も人目を引いたのは、日曜日に開催されたニューヨーク市でのパレードに参加し、絶好のタイミングで披露した俳優レオナルド.ディカプリオの情熱的なスピーチであった。

グーグルは、気候変動ついて全く嘘を言っているので、これ以上関係を続けることは出来ないとして、アレックからの脱会予定を発表した。マイクロソフトも8月に完全に縁が切れたことを報告し、「アレックには如何なる財務上の支援を提供しない」と発表した。コカ.コーラ、ジェネラル.モーター、バンク.オブ.アメリカ、プロクター&ギャンブルも脱会を先日公表した。マイクロソフトのビル.ゲイツがアレックに対して、財務上の援助を停止したのは2012年である。これらの企業がアレックからの脱会を選択した理由は、アレックが有権者ID法案や反組合の強烈な提唱者であり、再生可能エネルギー開発を遮断するための法律を内密で押し進めていたことが判明した為である。アレックは、ほぼ全50州でクリーン.エネルギー及び気候変動政策を攻撃してきた。マイクロソフトは近年、クリーン.エネルギーと気候変動の活動に貢献し、インターナル.カーボン.フリーの導入及び多量の風力エネルギーを購入していた。従って、マイクロソフトは8月にアレックの会員ではないことを正式に報告した。

グーグルの社長エリック.シュミットは、特定した日程については触れず、将来アレックの会員から脱会すると発表した。脱会の理由はアレックの政治キャンペーンは自分たちとは「無関係であると知った」と述べ、社内のコンセンサスは、会員であることが「間違いである」との結論に至っていて、将来アレックを「支持しないつもりです」と語った。最初アレックに関与した理由は何かと聞かれ、「 その会社は、我々が事実に基づいて政治決定をするべきであるとの強い見解を持っていたからです。何とショックな事でしょう」と答えた。シュミットは、「気候変動の事実はもはや疑問ではありません。全ての人が気候変動は起きていると理解しています。それに反対する人達は我々の子供や孫を本当に傷つけ、世界をもっと悲惨な場所にしています。ですから、我々はそのような人達と同盟するべきではありません。彼らはただ本当に嘘をついています」と語った。アレックからの脱会をグーグルに説得したのは50以上の公益団体である。彼らはグーグルに手紙を送り、アレックの環境政策を指摘し、脱会するよう要請したという。

今日はニューヨークの国連本部で気候変動サミットが開催されている。また、日曜日に開催された気候変動のイベントには約40万人が参加したと言われている。今年は記録的に気候変動の行動を要求する国民の声が高まっているが、6月に公表されたギャロップの世論調査によると65%の国民は政府の排気ガス規制を支持している。 国連事務総長バン.キムンが主催している今日のサミットには193カ国の大半の国連メンバー、環境活動家、セレブの代表者、ビジネスおよび財務関係者、市民代表者が参加している。多数の参加者がスピーチを披露しているが、最も注目を集め、最もパワフルなスピーチであったと評価されたのは、国連平和メッセンジャーである俳優のレオナルド.ディカプリオが各分野でのリーダーに訴えたメッセージである 。

「私は今日ここにいることを光栄に思います。私は専門家としてではなく心配している市民として、日曜日にニューヨークで行進した40万人の一人として、あなたの前に立っています。私は俳優として、ふりをして生きています。頻繁に架空の問題を解決する架空の性格を演じています。 気候変動はまるで事実ではないかのように、それは自然に消えていくかのようなふりをしている人類は気候変動を同じよう見ていると思います。しかし、それは本当ではないことを我々は知っていると思います。このどれもレトリックではありません。このどれもヒステリーではありません。これは事実です。( 海洋の酸性化から氷河の融解に至まで世界各地で起こっている物理的な変化について言及)この団体はおそらく、人間の歴史の中で、他のどの集団より困難であるが、達成可能な仕事に直面しています。あなたは歴史を作ることができます。そうでない場合中傷されます。明確に述べれば、これは電球を取り替えるとか、ハイブリッド車を購入するよう人々に言うことではありません。私達はカーボンを規制し、化石燃料の助成金を終える必要があります。これは党派の議論ではなく、人間の論議です。この危機を解決することは政治の問題ではありません。それは私たち自身の生存の問題です。これは最も緊急時の最も緊急なメッセージです。私は生活のためにふりをしていますが、あなた達はそうではありません。日曜日に彼らの声を聞いた人たちとその勢いは止まることはありません。しかし、今度はあなたの番です。」 とシンプルな英語で語ったディカプリオは、ほとんど始終顔を正面に向け、真剣な表情であった。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。