アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2016 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

米国の経済は、ほぼ全てのビジネス部門で2年半ぶりに最も早いペースで成長している事が報告されている。米国民は景気向上が見られる最近の経済状況に信頼度を回復し、消費者真理も向上したと言われている。2015年1月から、連邦政府契約企業で働く大勢の人口層が最低賃金上昇の恩恵を受けるため、今後更に消費者支出が増えることで景気の活性化に繋がることが予測される。

26日のロイター によると、商務省の報告では、国内総生産の成長率は先月報告された推定4.2%から4.6%の年率に上昇した。企業の支出上昇及びより健全な輸出の伸びは前回の推定より2011年第4四半期以来、米国GDPの最高の成長を示している。 医療産業で大幅な支出があったが、レクリエーション、及び他のサービスや耐久消費財への支出の低迷により相殺された為、個人消費の伸びは2.5%であった。しかし、家計支出は加速傾向を示し、消費者真理は過去14ヶ月で9月が最も高いとの報告もあるという。強力な事業投資と個人消費拡大の2つの要因により、内需の押しは充分であり、2010年以来最も速いペースで経済は拡大している。冬の時期は異常に寒かった為、第1四半期に2.1%の割合で下落した後、経済の回復はもっと耐久性になりつつあることを示唆している。製造業、貿易、住宅の成長率は7月から9月の範囲で、推定成長率3.5%ペースの高さを示している。

所得測定では、第2四半期の経済は5.2%ペースで成長し、企業収益は3年間で最も速いペースで上昇した。機器関連の事業支出は、以前に報告された10.7%率から11.2%ペースに上昇した。また、企業はガス掘削や研究開発などの分野により多く投資した。輸出の伸びは2010年第4四半期以来、最も速い伸びを示し、10.1%率から11.1%ペースに上昇した。IHSグローバル.インサイトの経済学者は、「最近のドル高騰は継続し、米国輸出の相対価格がより高くなることで2015年の輸出の伸びは鈍化する」と予測している。

総体的に経済活動が活発であり、数年ぶりに急速な成長を示している為、米国民は確信を取り戻してきたと言われている。26日のラスムセンの報告によると、日常的に消費者の信頼を測定するラスムセン消費者指数は、三ヶ月前には4ポイント減少したが、1週間前から3ポイント上昇し、金曜日に97.5で安定した状態であると報告した。これは経済状況に関する世論調査で総体的に満足度を示したことを意味している。つまり、消費者真理の安定は、最近の雇用安定傾向、消費の伸び、所得増加など、経済回復の兆しが濃厚であることを反映している。

多数の専門家が指摘している通り、消費者真理を更に向上させる要因になるのは最低賃金の値上げである。オバマ大統領が2月12日に署名した大統領令の施行により、2015年 1 月から連邦政府契約企業の職員は全員、最低賃金が現行法の$7.25から$10.10に上昇する為、来年更に消費者支出が上昇することで景気の活性化が予測される。連邦政府の契約企業は、ロッキードからアラスカのネイティブ.コーポレーションに至るまでトップ100にリストされている企業も含め、24,000社の労働者がこの恩恵を受ける。これらの企業は国防総省との契約が最も多く、次にエネルギー省、3番目が保健福祉省、次に退役軍人省であるが、全米労働市場の1/5を占める2,800万人の労働者が収入の増加を見込んでいる。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。