アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2017 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

ニューハンプシャー

7日のワシントン.ポストは、経済協力開発機構(OECD)の調査に基づいて、犯罪面での安全性、住宅の入手度、収入、インターネットのアクセス、健康、雇用機会、清浄な環境、教育水準、政治的市民参加など9つの基準評価に基づいて、ワシントンD.Cおよび米国50州を分析し、米国に在住するにはどの州がベストであるかを紹介した。その全ての州の総合的な採点評価のリストも含めて、所得、雇用、健康、安全性、環境、住宅、教育の各分野での評価基準に基づくベスト10州に注目した。

表1は、全50州及びワシントンD.Cの中で、在住に最適な州を上記9つの条件に基づいて総合的に評価し、採点数の最も高い順からリストされたものである。採点が同等の州は同じランクで記載。

州名 採点 州名 採点
1.ニューハンプシャー 77.6 25.フロリダ 61.3
2.ミネソタ 76.2 26.ペンシルベニア 60.9
3.バーモント 74.8 27.ニューヨーク 60.7
4.アイオワ 72.9 28.メリーランド 60.5
5.ノース.ダコタ 72.4 29.オハイヨ 60.4
6.コロラド 72 30.ノース.キャロライナ 59
7.メイン 71.9 31.イリノイ 58.4
8.マサチューセッツ 71.7 32.ミシガン 58
9.ワシントン 71.3 32.カリフォルニア 58
10.ウィスコンシン 71.2 33.ミズリー 57.2
11.ワイオミング 70.7 34.インディアナ 57
12.サウス.ダコタ 70.5 35.アリゾナ 56.9
13.ネブラスカ 69.5 36.ワシントンD.C 56.6
14.オレゴン 69.3 37.テキサス 56.4
15.コネチカット 68 38.ネバダ 56
16.アイダホ 67.5 39.ジョージア 54.9
17.モンタナ 67.2 40.ケンタッキー 54.8
17.ユタ 67.2 41.ニューメキシコ 54.1
18.ロード.アイランド 67 42.ルイジアナ 54
19.カンザス 66.7 43.オクラホマ 53.8
20.ハワイ 66.4 44.サウス.キャロライナ 53.7
21.バージニア 65.1 45.テネシー 52.9
22.アラスカ 63.4 46.ウェスト.バージニア 52.2
23.ニュージャージー 63.3 47.アラバマ 51.3
24.デルウェア 61.4 47.アーカンソー 51.3
48.ミシシッピー 50.7

表2:下記の表は家計の純調整可処分所得と金融資産に基づく所得のベスト10の州である。以下全ての表は、最高点10、最低数0で評価し、採点が同等の州は同じランク内に記載。

州名 採点
1 ニューハンプシャー、ミネソタ、マサチューセッツ、 ロード.アイランド、ノース.ダコタ、コネチカット、ニューヨーク、バーニジア、アラスカ、ニュージャージー、カリフォルニア、ペンシルベニア、イリノイ、メリーランド、ワシントンD.C 10
2 ワイオミング、ワシントン、デルウェア 9.9
3 コロラド 9.8
4 ネブラスカ 9.6
5 バーモント、アイオワ 9.5
6 ハワイ 9.4
7 ウィスコンシン、テキサス 9.3
8 サウス.ダコタ、カンザス 9.2
9 メイン、オハイヨ、ルイジアナ 8.8
10 テネシー、ミズリー 8.6

表3:次に雇用率、長期的雇用率、年間平均収入、および在職期間などの観点から仕事を探す場合のベスト10州は下記の通りである。

州名 採点
1 ノース.ダコタ 9.9
2 ネズラスカ 9.6
3 サウス.ダコタ 9.4
4 バーモント 9.3
5 アイオワ 9.1
6 ニューハンプシャー、ミネソタ 8.8
7 ワイオミング 8.7
8 カンザス 8.3
9 ウィスコンシン 8
10 バージニア 7.8

表4:寿命および自己報告による健康状態に基づく評価でベスト10州は下記の通りである。

州名 採点
1 ハワイ 8.8
2 ミネソタ、コネチカット、カリフォルニア 7.8
3 ニューヨーク 7.5
4 マサチューセッツ 7.4
5 ニューハンプシャー、ニュージャージー 7.1
6 コロラド 7
7 バーモント、ユタ 6.9
8 ワシントン 6.8
9 アリゾナ 6.7
10 ロード.アイランド、ノース.ダコタ、ウィスコンシン 6.6

表5:犯罪記録を基準に最も安全なベスト10の州は下記の通りである。

州名 採点
1 ニューハンプシャー 9.2
2 バーモント、アイオワ 8.7
3 ミネソタ 8.2
4 アイダホ、ユタ、ハワイ 8
5 メイン 7.9
6 ワイオミング、オレゴン 7.1
7 ワシントン 6.7
8 マサチューセッツ、ロード.アイランド 6.6
9 モンタナ 6.5
10 ウィスコンシン、サウス.ダコタ 6.4

表6:空気及び水の質が良く最も環境の良いベスト10の州は下記の通りである。

州名 採点
1 アラスカ 10
2 ハワイ 9.8
3 オレゴン 9.7
4 ワシントン 9.5
5 モンタナ 9.1
6 ユタ、ワイオミング、アイダホ 8.9
7 フロリダ、ニューメキシコ 8.8
8 メイン 8.7
9 コロラド、ネバダ 8.6
10 ルイジアナ 8.5

表7:住宅価格の手頃さや住宅を探しやすいベスト10の州は下記の通りである。

州名 採点
1 バーモント、アイオワ、ミネソタ、メイン、ワイオミング、モンタナ、サウス.ダコタ、ノース.ダコタ、 ウェスト.バーニジア、オハイヨ、 ペンシルベニア、デルウェア、ミシガン、アラバマ 10
2 ウィスコンシン、ネブラスカ、ミズリー、サウス.キャロライナ 9.9
3 カンザス、ノース.キャロライナ 9.6
4 ケンタッキー、テネシー 9.5
5 バージニア、インディアナ、メリーランド 9.4
6 コロラド、アーカンソー 9.2
7 ジョージア 9.1
8 アイダホ、フロリダ、オクラホマ、ミシシッピー 8.9
9 マサチューセッツ、ロード.アイランド 8.8
10 コネチカット 8.7

表8:教育達成度、学生の認知能力、教育年数に基づいて、教育環境の優れた10州は下記の通りである。

州名 採点
1 バーモント、ミネソタ、モンタナ 9.7
2 ノース.ダコタ、アイオワ、ニューハンプシャー、ワイオミング、メイン 9.6
3 ネブラスカ、ウィスコンシン、ユタ、ハワイ、アラスカ 9.5
4 サウス.ダコタ、カンザス、コロラド、ワシントン 9.4
5 マサチューセッツ、コネチカット、オレゴン 9.3
6 メリーランド、アイダホ、ペンシルベニア、ミシガン 9.2
7 バージニア、オハイヨ、ニュージャージー、ワシントンD.C 9.1
8 ミズリー、デルウェア、イリノイ、 9
9 インディアナ 8.9
10 オクラホマ、フロリダ、ロード.アイランド 8.8

総体的に最も評価の高い州はニューハンプシャーである。雇用機会に優れている州はノース.ダコタで、犯罪率の観点から最も安全な州はニューハンプシャーである。また、最も健康な人達が多い州はハワイで、空気や水が清浄な点で環境の良い州はアラスカである。教育水準の高い州はモンタナ、バーモント、ミネソタが最上の州である。住宅が購入しやすい州では、一軒家の敷地および床面積も比較的広く、価格がかなり安いことが特徴であるが、総体的にOECDの評価が低い南部州に多いことが要因である。需要の高い地域は家の価格も必然的に高い事がグローバル的傾向である。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。