アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2020 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

2014年10月8日 のアーカイブ

急増するエボラの不安:米国一部の空港で集団検診を開始

9月30日に米国で最初に発見されたエボラ感染患者のトーマス.ダンカン氏は死亡し、感染した可能性がある二人目の患者が発見された。また、ダラスでは現在48人が観察下に置かれている。スペインでは、最初に感染者が発見された後、複数の人も感染している可能性があり、グローバル的な流行病になることを恐れている人達が増えている。現在、致命的な死に至るエボラの恐怖は益々広がっている為、空港でのスクリーニング(集団検診)が提案されていた。オバマ政権の保健当局者は、昨日旅行者のスクリーニング開始を約束し、今日ホワイトハウスは、複数の大きな空港がスクリーニングを開始すると発表した。 (さらに…)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。