アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2020 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

2014年10月12日 のアーカイブ

エボラ被災国の共通点と政府の腐敗

西アフリカのエボラ蔓延には地域的パターンがあると言われているが、特にその被災国と言われているリベリア、ギニア、シエラ.レオンには歴史、地形、文化的な幾つかの共通点がある。現場の状況を良く知る国際問題の専門家は、これらの国の文化的習慣や最悪な公共衛生システムについて言及し、感染のデーターは過小評価されている可能性があると指摘している。また、世界的に蔓延する可能性を懸念し、それがどのように拡大するのか語っている。国際調査機関は、西アフリカの幾つかのエボラ被災国で賄賂が世界的に高いことを報告している。更に、問題に対処する能力のない政府はエボラ感染を拡大している可能性があり、政府の腐敗と蔓延しているエボラとは何らかの直接的な関連性があることを示唆する報告がある。 (さらに…)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。