アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2020 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

2014年10月18日 のアーカイブ

エボラ根絶に挑戦:最大の貢献者は米国

オバマ大統領が9月16日西アフリカに3,000人の軍隊を派遣すると発表した後、その計画は着実に進行している。統合本部指揮センターを設立するため一部の査定チームは発表の2日前に到着している。現在派遣されている兵士はケンタッキー州にあるフォート.キャンベル基地の陸軍第101団であり、米史上最悪のエボラとの戦いは危険性の高い任務であるが、グローバル規模の蔓延を阻止する為、国際的支援活動に奉仕するその意義は幾つかの側面から多大である。国連は早急に資金を集めるため、エボラ緊急対応国連任務(UNMEER)基金を設置し、現在目標の35%以上を達成した。総体的には、国連の要請に対する世界の反応は遅いが、現地での人道的支援活動及び経済的側面から、米国は世界で最大の貢献者である。 (さらに…)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。