アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2018 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

2014年11月7日 のアーカイブ

10月の雇用情勢は将来の楽観的な経済観測を示唆

10月の雇用情勢は、有権者の主張に反して数値的には良好である。失業率は2008年以来の低水準で5.8%まで減少し、雇用は214,000拡大した。しかし、労働者の給与の伸び率は停滞ぎみである。70%の有権者は、主に収入が上がらないため経済に不満を抱いていると指摘された。複数の経済学者は、今月の雇用報告は近い将来生産性が伸びた場合、給与上昇の徴候がある事を予測している。総体的には近い将来の楽観的な経済観測を予測している。 (さらに…)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。