アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2017 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

世界第三位の経済を誇る日本は 4月から値上がりした消費税が要因で日本経済を押し下げ、不景気に陥った可能性があるため、世界経済に及ぼす影響が懸念されている。株の下落、ドルに対する円安、生活費の高騰、貿易の影響などが数値に顕われている為、予期せぬ景気後退の状況を描写する報告が目立っている。17日、複数の経済専門家は今後の展望も含めて日本の顕著な問題を指摘した。

4月1日に消費税は5%から8%に引き上げられた為、その後国内総生(GDP)は9月までの3ヶ月間で年率1.6%縮小し、経済は年率3%収縮し、日本の株式市場は暴落したことを日本政府は発表したと報告された。ブルンバーグによると、推定0.8%の成長率による最も弱い実質GDPを予測した第一生命研究所の経済学者ヨシキ.シンケは「日本経済のどの部分にも促進が見られない。消費税の引き上げに関する今日の情報は日本の政治家にとって別の外傷の記憶を残すだろう」と述べた。データ公表後、2007年10月以来初めて、円はドルに対して急落し、1ドルは117円以下に低下した。また、 東証株価指数(TOPIX)は2.5%下落した。

同紙がまとめた報告によると、税収や企業収益を考慮する際に最も重要となるGDPのレベルは1997年にピークに達した時と比較して7.9%減少した。4月に消費税が3%ポイント上昇したため、生活費を押上げ、賃金の伸びをしのぐインフレで、課税の押し倒しは消費を傷つけ、安倍晋三首相の支持を損なう危険に晒している。個人消費は第一四半期のある数値から第二四半期には5%減少し、7月から9月の期間には0.4%上昇しただけである。資本支出は第一四半期のある数値から4.8%減少し、7月から9月の期間には0.2%減少した。また貿易にも影響があり、純輸出、または船積み減少の輸入は、前四半期に1%増加した後、GDPに0.1%ポイント追加しただけである。

今後の展望として、安倍首相は2015年10月に予定されている次の段階の消費税引き上げを遅らせることを考慮していると報告されている。APによると、日本のスランプは中国の成長を鈍らせ、ヨーロッパ経済をもたつかせる要因になる。専門家は、もし日本のビジネスが海外投資を保留し、企業および消費者が輸入品を購入しなくなった場合、アジアの経済を引きずることになり、その状況は世界経済市場に不確実性を加えると指摘した。また、人口の縮小、高齢化、より小さな国内市場、若い賃金労働者に対する重い税負担などは日本が抱えている「大きな問題」である。自動車産業を除き、多くの製造企業は彼らの確信的な強みを失い、生産を海外に移している。所帯の所得は10年以上前にピークに達し、経済成長の分配はパートタイムや契約業務の労働者にやりくりの葛藤を強いる状況である。

また、日本は長年赤字支出を経験しているので、政府の財政を改善する為には増税し、倍以上の経済規模および先進国の中で最大の公的債務を削減する必要がある。増税の遅れは、そのプロセスが遅くなるという問題がある。また、多大な刺激策が必要であり、緩い金融政策であるアベノミクス政策、財政支出、及び経済構造改革は最終的に再度軌道に戻り、経済は成長すると安倍首相は期待している。アナリストは、低所得世帯に対する補助金で余分な支出を促し、消費者支出とビジネス投資を押し上げる為、中小企業やその他の措置のため 3兆〜4兆円の予算を発表することを安倍首相に期待している。17日の報告は暫定的である為、機械および他の産業設備の受注が上がれば、今後数ヶ月間でもっと高い製造業の生産高につながる可能性があり、12月のGDP はさほど悪くはないかもしれないとAPは分析している。

日本の消費税引き上げの主な理由は負債を減少させることであると言われているが、今回の報告は消費税の引き上げが支出の減少に直接影響を与えた事を明白に示している。日本のGDPのマイナス成長は4月以降続いているため、専門家は日本が景気後退に入ったと考慮し、予期しなかった経済弱体化の徴候を示す数値にショックを受けている。グローバル経済は様々な側面で繋がっているが、米国には直接的多大な影響はないとの意見もある。しかし、米国複数の専門家は日本や他の海外に進出しているアメリカ企業の成長は不確実になったことを懸念し始めた。20年以上前に深刻な景気後退を経験して以来、急激な経済成長はない事が日本経済に対する一般的な印象である。従って、再度日本の経済が悪化した場合、中国も鈍化し、ヨーロッパも影響を受けると警告している。予期せぬ日本の景気後退に、米国でも幾分動揺があるようだ。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。