アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2019 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

2014年11月19日 のアーカイブ

パイプライン建設は大統領の意向次第

下院および上院はキーストーン.パイプライン建設の認可に関する投票を行った。下院では通過したが、上院では通過しなかった。従って、両院で多数派になった来年の新議会で再度投票した場合、両院で通過する可能性は多大である。キーストーンの運命は、最終的な決定権を持つオバマ大統領がその鍵を握っているため、オバマ氏の意向について幾つかの憶測もある。新たなパイプライン拡大建設の問題は複雑化している現状で、短期的な経済的利点と長期的な気候変動の悪影響のどちらを重視するべきかどうかはオバマ氏の判断次第である。 (さらに…)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。