アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2019 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

オバマ大統領が移民法の大統領令を発表する前、共和党は政府閉鎖すると脅していたが、一部共和党の批判は続いているものの、政府閉鎖には至らず、ほとんどの議員は感謝祭休日の為議会を去った。しかし、下院共和党はオバマ氏が移民法の大統領令を発表した翌日の21日、オバマ政権を事実上告訴した。アフォーダブル.ケア.アクト(ACA)またはオバマケアは50人以上の従業員を抱える雇用主に対して、少なくとも週に30時間就労している従業員に医療保険を提供することを要求しているが、オバマ政権は、これらの企業の加入義務を延期し、議会の融資なしに保険会社に支払いをしている為非合法であると主張している。

大統領令後の反応は、大統領令を発表する前の喧騒に比較すると幾分穏やかであり、特に政府閉鎖もなく台風は去った。しかし、下院議長ジョン.ベイナーは「大統領はアメリカ人の意志を無視することを選択した」とコメントした。複数の共和党は、法的事実を無視し、移民法に関して大統領が行政行動を取ったことを非合法であると言い続け、単独行動を取ったと批判したが、総体的に民主党は評価している。元国務長官のヒラリー.クリントンは21日「歴史的な一歩である」と述べ、オバマ氏が移民法制定を諦めず努力した事を高く評価した。移民法に関する大統領令は、議会を引き離した独自の移民法と言うより、むしろ、移民法の論議を再燃させ、下院議会に法案通過のプレッシャーを与えた。21日に開催されたラスベガスの集会で、オバマ氏は昨年6月に上院で通過した包括的な法案にベイナーが投票させなかったことを指摘し「私は議会が通過するまで諦めない」と数回繰り返し述べると、「法案を通過して」を10回以上繰り返す参加者の声が会場に響き渡る瞬間があった。

ベイナーは6月25日、大統領令を行使する大統領に対して、職権乱用で告訴すると公表したが、告訴の合法的理由がなかった為、7月10日ACAに関して大統領を告訴することを宣告した。移民法の大統領令が公表された翌日、オバマ政権に対する訴訟を提起したと報告した。その理由は50〜99人の労働者を抱える企業の雇用主は、ACA下で従業員に医療保険を提供する義務があるが、オバマ氏はその条項を2016年まで延期した。その結果、義務に従わない雇用主に対して、罰金を要求する条項も延期された。ベイナーを含む多数の共和党およびティーパーティ議員らは、このようなACAの強制加入部分が憲法違反だと主張し、ACAの撤廃に50回以上投票した。共和党の強烈な撤廃運動と言動による過去の動きから判断すると、21日に裁判所に書類を提出したと公表したこの訴訟は矛盾だらけである。しかし、撤廃を諦めた為、あらゆる手段でオバマのレガシーを破壊する機会を狙っているベイナーとその仲間は、21日オバマ政権の保健福祉省および財務省を告訴した。

ホワイトハウスおよび一部の民主党は、ACAの延期は合法的であると主張し、ベイナーの行動は政治的動機であると反発している。この訴訟は法的に有効な理由に乏しく、通常、裁判所は政治的紛争に関与しない為、法定で争う可能性は低いと見られている。APによると、下院議会少数派リーダーのナンシー.ペロシは、ベイナーは1時間に 500ドルを請求する、テレビ.ネットワーク上で法的解説を行っている有名弁護士で、ジョージ.ワシントン大学法学部の教授ジョナサン·ターリーとコストのかかる契約をしたので納税者に負担をかけると述べた。この裁判を担当するのは2003年にジョージW.ブッシュに任命された米国地区の判事である。

訴訟の二つめの理由はACAの融資に関連性がある。ACAを2010年に通過した後、議会はこの法案の融資を提供していなかったと言われている。その為、オバマ政権は過去に行政内でやりくりし、既に30億ドルを保険会社に支払い、今後10年間で1,750億ドルの支払いも準備中であるため、下院議会は不法であると主張している。つまり、オバマ政権に対するベイナーの告訴理由は、この法律の一部の企業に対する延期と、財務管理問題の二つを論点として取り上げている。 ニューヨーク.タイムスによると、議会予算局は議会が割り当てていない融資を今後10年間で保険会社に支払う予定であると説明している。従って、ベイナーは、議会が割り当てていないファンドを動かすことは不法だと主張している。この問題は、連邦政府の貧困レベル2.5倍の低所得である年間収入11,670ドルから29,175ドルまでの範囲で、個人に支払う連法政府の費用分担の削減として知られる助成金に関与している。つまり、オバマ政権は議会が融資していない状況で、貧困者の医療保険の不足分を医療保険会社に支払っているためACAの取引市場は正常に機能しているが、下院共和党はそれにも反対しているという訳である。

例えば、毎月200ドルの医療保険に対して、ある個人の支払い能力は100ドルであった場合、保険会社はその不足分を連邦政府から得るが、連邦政府にその支払能力がない場合、その不足分に対して保険会社は金持ちの医療保険を引き上げる可能性がある。高い医療保険を請求される個人は、加入を止める結果になるか、または医療保険会社はACA下での取引市場の参加を停止するシナリオも成り立つ為、究極的にACAは崩壊する筋書きになる。APによると、リッチモンド大学の法学部の教授カール.トビアスは、裁判所は伝統的に議会と大統領間での政治的論争に関与しない為、下院議会がこの判例を証明することも裁判所で聴聞に達することさえ困難であると述べている。ブッシュに指名された連邦控訴裁判所の元判事ティモシー.ルエスは裁判の可能性があった場合、オバマ在職中の26ヶ月間で、その判例が終るか疑問であると述べている。

議会は法律を制定した場合、その法律に伴う資金を提供することが義務である。しかし、2010年に通過した医療保険改正法案の投票では大多数の共和党議員は反対票を投じたと言われている。その後、ベイナーを含む多数の共和党は、オバマケアの強制加入条項と助成金に反対し、50回以上撤廃に投票している。一貫してオバマケア撤廃を目指している彼らが訴訟に踏み切った理由は表面的には矛盾しているように思えるが、大統領令に対して法的に挑戦することは不可能な事を悟った為、執拗にオバマ氏署名のACAに挑戦しているという訳である。彼らは、医療保険がない場合、悲惨な人生に遭遇する可能性のある国民の事をどう思っているのだろうか?

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。