アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2017 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

一般的に、中間選挙および大統領選を含む米国議会選挙において、上院の場合、50州の100議席中、任期切れによる再選に直面する議員が注目される。加えて、下院では435議席が総体的に注目される為、特別区の選挙は除外して語られる場合が多いが、少なくともコロンビア特別区については認識する必要がある。なぜなら、下院議会には435議席の他に、無議決権席と呼ばれる6つの特別区の6議席がある。これらが無議決権席又はナン.ボーティング.シーツと呼ばれている理由は、この6議席の代表者は州に属していない為、下院議会での投票権がないからである。上院議会には無議決権席は存在しない。

ディストリック.オブ.コロンビア(D.C)と呼ばれるワシントンD.Cを例にあげると、 2014年の米国下院議員の選挙はコロンビア特別区から米国下院議員の無議決権席を選出する為11月4日に投票が行われた。つまり、下院議会では、345議席に加えて、無議決権席の為の6議席があり、これらの議席はコロンビア特別区に加えて、米国の領土であるアメリカ領サモア、グアム、プエルトリ コ、米領バージン諸島、北マリアナ諸島からの代表者がそれぞれの領土で選出されている。プエルトリコの代表者は組織最高の権限を有するコミッショナーの正式メンバーである。 米国憲法は議会選挙の代表者が州に属することを規定している為、無議決権席の代表者達は下院議会での投票権がないが、彼らの委員会で投票することが可能である。

アメリカ領サモア、米領バージン諸島、プエルトリコ、グアム、北マリアナ諸島、およびワシントンD.Cからの米国下院メンバーも、地元の有権者によって選出される。現在、これらの特別区はほとんどが民主党である。しかし、11月4日の選挙で、アメリカ領サモアの民主党男性は共和党の女性アウムア.アマタに敗北した。米領バージン諸島ではドナ.クリステンセンが1997年以来、下院議会の非議決権メンバーであり、オバマケアを支持する民主党議員であったが、同じく民主党女性のスティシー.プラスケットに敗北した。プエルトリコでは民主党男性のペドロ.ピイエルウィシが2009年以来現役である。グアムからの代表者は、元グアムの女性知事であったマドレィン.ボータァロであり、現在民主党の米国下院議会の代表者である。北マリアナ諸島では民主党の男性グレゴリオ.サブランが最近無所属に変更した。コロンビア特別区(ワシントンD.C)では1991年以来、2年間の任期による無議決権席の選出により、民主党エレノア.ノートンが再選されている。彼女は黒人であり、公民権運動の活動家として広範に知られている。

11月の選挙時には、これらの特別区でも州に属する下院議員と同様2年の任期で無議決権席の代表者を選出する。また、米国下院議会での上記6区域での代表者選出に加えて、例えば コロンビア特別区では他に、市長、協議会議長、協議会のメンバー、司法長官の選出などが行われる。2014年11月4日の中間選挙の予備選は、コロンビア特別区で 4月1日に行われた。この地区の選挙では、民主党、共和党、リバタリアン党、その他の党に登録している有権者のみが彼らの党に投票可能である。党所属を変更した有権者は3月3日までに変更届けを完了する必要があった。また、郵送による登録申請も3月3日までの郵便消印になっていることが条件であった。 このような規定に基づき、選挙のスケジュールは毎回若干異なるが、 特別区の有権者も、早期投票、郵送、又は選挙日に投票場で投票することで選挙に参加している。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。