アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2017 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

インドネシア当局は、162人が搭乗していたエアアジアの8501便は海底に墜落したとの推測に基づく見解を発表し、生存者がいる希望を抱きながら懸命に捜索中である。悪天候に加えて、高度を上げるスピードが遅すぎた為、空気力学的失速により、制御力を失った可能性がある。インドネシアには海底を探索する技術はないが、米国を含む複数の先進国の援助を受けて現在、比較的海底の浅いビリトン沖の領域近辺を捜索中である。

インドネシア当局は、海底に墜落した原因については明確にしていないが、現在30隻の船および15の航空機を利用してジャワ海のビリトン島付近を探索している。消失する寸前に32,000フィートの高度から38,000フィートまで上昇する要請があった時、2機目のQZ8502便は38,000フィートの高度で飛行中だった。従って、34,000フィートの高さまで上昇することを当地時間午前6時14分に許可された時、応答がなかったという。現在、墜落の推定位置を探索することで沈没した機体の痕跡を発見する努力が行われている。

29日のロイターによると、8501便が消失した時間帯には34,000から36,000フィートの範囲で2〜3の飛行機が近辺を飛行中であったが、これらの高度は異常ではない。インドネシアの運輸省は、スマトラ沖およびボルネオ島の間にあるビリトン島の70マイル平方海里地域を捜索していると述べている。この領域の海底の深さはわずか50から100メートルであるため機体を探しやすいと述べている。船での捜索は24時間中可能であるが、飛行機での捜索は夕暮れには中断することになるという。インドネシア空軍のスポークスマンは、ビリトン沖に油膜が発見されたとの報告があったため調査したと伝えた。空軍の捜索チームは ボルネオ島の南から緊急ロケータ信号を拾ったが、後続のシグナルはなかったと報告した。さほど深くない海底であっても、インドネシアには海底を探索する技術がない為、米国、イギリス、フランスの援助の申し出を受けたという。

墜落の可能性が提起されているため、その一因で有ると思われる高度を上げる速度が「のろかった」と専門家は分析している。パイロット達のオンライン議論では、高度上昇の要請は異常ではないが、マレーシアからのレーダー.データは、消失した飛行機が353ノットのスピードで上昇していて、このような気象条件(強風を伴う雷雨)で、この速度は約100ノットほどのろすぎたことを示しているという。シドニーに拠点を置く航空専門家ジェフ.トーマスは「その高度で、その速度は非常に危険である。高度、薄い空気、翼はその速度で飛行していた航空機をサポートしないので、空気力学的失速があった」とロイターに語った。そのような専門家の意見を反映してか、インドネシアの安全当局は、当該飛行機のパイロットは経験豊かであったが、そのような悪天候下で制御力を失ったと推測している。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。