アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2016 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

米国には連邦政府が授業費の支払いを援助するシステムは既に存在するが、オバマ大統領は9日、テネシー州ノックスビルでのスピーチで全米にある多数のコミュニティ.カレッジ(短大)の授業費を無料にするプログラムを提案した。その提案は、テネシー州共和党知事が署名した授業費無料プログラムが今年秋から有効になるため、そのモデルを意識したものである。オバマ氏のその提案とは何か? その提案が実現する可能性はあるのか?

オバマ氏の計画は、全米で年間900万人学生に受益を与えることになる。短期大学の平均授業料は、公立学校に通うフルタイムの学生で年間推定3,800ドルであるという。ホワイトハウスは、この計画は 2015年度の一般教書演説の課題および大統領の予算に含まれていると報告した。しかし、連邦政府のコスト、州が分担するコストなど詳細な内容は発表されていない。この提案は「10年間で数百億ドル」の出費になる可能があるため、共和党がコントロールする議会で「激しい抵抗に直面する」ことは必然である。

米国には1965年に制定されたペル.グラントと呼ぶ高等教育法に基づいて、連邦政府が学生の授業費を支援するシステムがある。ペル·グラントの名称は、提唱者であるロード.アイラント出身の民主党上院議員クレイボーン·ペルに由来している。米国教育省によると、連邦ペル.グラント·プログラムは、学生の財政的な必要性を決定する米国教育省が主催している。ペル.グラントは(1)大学の支払いの援助が必要な学生に対して、連邦政府が限定した学生に提供する融資である。(2)その条件は参加機関を通して、最初の学士号を取得していない学生、又は学士取得後の特定プログラムに在籍していない学生に提供される。(3)連邦政府の補助金はローンではないので返済する必要はない。(4)学生は、約5,400の高等教育機関のいずれかで、彼らの補助金を使用することが可能である。(5)これらの連邦政府資金による助成金は全国の約540万人のフルタイム及びパートタイムの専門学校の学生を援助している。

一般的に、全米にある1,100のコミュニティ.カレッジは、連邦ペル.グラントが支払っている年間最大5,730ドルより安いので、高等教育の最も手頃な機関である。これらの助成金は、財務的に必要な学生を援助している。しかし、 授業料の他に書籍や交通費などがかかり、更に自宅から通学しない学生には住宅費がかかる為、年間の総コストはかなりに高くなる。オバマ氏の計画は、少なくともクラスを半分成就し、グレード.ポイント平均(GPA)2.5を維持し、着実な進歩がある学生が資格対象者である。

連邦および州議会はこの提案に著しい難色を示しているが、疑問は、もっとも重要な資金面で現実的にその可能性があるかどうかである。ホワイトハウスのスポークスマンであるエリック.シュルツは10年間で、連邦政府の経費は推定600億ドルかかると記者団に語った。そのうちの3/4は連邦政府が負担し、残りは参加する州が負担する計画である。学生は書籍、手数料、住宅及びその他の費用を最初に大学に支払う為、財政援助はプログラム計画を強化することが利点であると説明している。また、この計画はテネシー州の共和党知事ビル.ハスラムの政権下で制定されたプログラムの一部をモデルにしているので現実的である。同州のプログラムの費用は初年度で推定1,400万ドルであり、13校のコミュニティ.カレッジで今年秋から有効になる。高校三年生の間で関心が非常に高く、このプログラムに57,000 の申請があったという。更に、幾つかの教育委員会および教育機関はこの計画を肯定的に捉え、何百万人もの学生、特に低.中間所得家庭の学生に高等教育の入学を奨励することができると述べている。

カリフォルニア州の短大および4年大学の教育費はいずれも、1967年1月にロナルド.レーガンが共和党知事に就任する前までは無料であった。教育は万人に開かれた平等の機会であると信じている民主党の指導者に比較して、共和党の多くのリーダーは教育を富裕者の特権であると主張する傾向が強い。歴史上、カリフォルニアはレーガン以降、教育システムが劇的に変化した。また、同州も例外なく2008年頃から、コミュニティ.カレッジおよび4年大学の授業料が上昇し始めたが、コミュニティ.カレッジの授業料は合法的な滞在許可がある限り一般的に安い。学費が無料であれば、もっと多くの才能のある子供達に高度教育の機会を開く為、経済を活性化する要因になるが、共和党がコントロールする議会でこの計画が承認される可能性があるかどうか不明である。

要するに、オバマ氏の提案の目的はコミュニティ.カレッジが(1)4年大学に入学する機会を開くプログラムを提供する。(2)職業訓練のプログラムを拡大する。(3) 成人にも教育の機会を与えることの3つである。つまり、このプログラムに参加する教育機関は4年制大学に向けた準備プログラムまたは地元の企業が求める技術トレーニング.プログラムを提供することが要求される。従って、テネシー州で成功すればその波動は拡大する可能性がある為、オバマ氏の計画が実現するとしたら、その後になるかもしれない。しかし、この計画の詳細な点はまだ不明であり、全てのカレッジのプログラムが適合するわけではない。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。