アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2016 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

パリでのテロ攻撃は世界に多大な警戒心を呼び起こし、急速にグローバル規模の安全対策強化を促進している。 数週間前から、国内および国際空港の安全強化に乗り出した米国はここ数日、イスラム国家(ISIS)の脅威に対する警戒を様々な角度から高めている。オバマ政権は、アルカイダ関連のテロリストは、自由自在に西洋にアクセスする能力および人目につきにくい爆弾製造の技術力がある為、 9.11タイプのテロ攻撃が再度起きる潜在的危険性を懸念した。

米国国土安全保障省(DHS)は、ISISおよびアルカイダ関連の数千人のテロリストは米国を含む西洋のパスポートを保持している可能性があるため、全米の国内および国際空港で乗客および機内持ち込みの荷物の無差別点検を開始した。また、特に攻撃の対象になるのは航空機に加えて、軍事施設、政府関連施設、米国市民であると推測しているが、特定したテロ攻撃の計画については明確にしていない。DHS当局は13 日、空港などの安全対策強化は、家庭用製品を利用した自家製爆弾を作る方法を掲載したアラビア半島アルカイダ関連のインスパイア誌最新記事に反応し、空港の安全強化対策は数週間前から始まったとCNNに語った。小さな空港には設置されていない全身キャナーのみが検出可能な非金属製の即席爆発装置の脅威が航空安全の懸念を膨らませている。

昨年7月頃から、近年のテロリストは最新のテクノロジーを利用した爆弾開発の能力があることが懸念され始めた。オバマ政権は、イエメンのテロリストはヨーロッパやアメリカのパスポートを保持し「空港で検出を避けるため」設計された強力な携帯電話爆弾を開発していると警告している。推定3,000人は欧州やその他の西洋パスポートを保持している為、簡単に国境を越えて 移動することが可能になっている。少なくとも100人は米国のパスポートを保持し、その数は増えているらしい。イエメンを基点にしたアルカイダから、西洋人および精巧な技術力を持つ爆弾メーカーとの間で潜在的なパートナーシップが存在しているという。DHS、司法省、FBIなどオバマ政権のテロ対策関係者は 深い懸念を表明し、新たなテロ攻撃は2001年9月11日の同時多発テロと似たような自爆テロが再度起きる可能性があると表明している。

12日に公表されたDHSの長官ジェイ.ジョンソンの声明によると、安全強化について(1)ワシントンD.Cを含め、全米の主要都市や特定地にある米国政府の建物のセキュリティを強化する連邦警護が配備された。(2)運輸保安局(TSA)は空港で乗客および機内持ち込み手荷物を手当たり次第に点検する措置を強化した。米国に到着する航空機に関連する特定の海外空港でスクリーニングを強化し、TSAは必要に応じて更に増加する。(3)DHSは、FBI及び国家テロ対策センターと共に、州および地方の法執執行当局との連携調査を継続する。(4)米国の法務執行機関や諜報地域社会の仲間たちと、テロ脅威の疑惑がある個人に関する情報を共有するため、フランス及び他の主要な同盟国とテロ対策の取り組みを継続する。(5)DHSは、コロンバス、シカゴ、ミネアポリス、ボストン、ロスアンゼルスなど、暴力的な過激主義に対抗する全米の地域社会組織と協力体制を維持するなど、5つの要点が強調されている。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。