アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2018 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

2015年1月21日 のアーカイブ

2015年一般教書演説:説得トーンで語ったオバマ大統領

オバマ大統領の一般教書演説のテーマーは、新たな税制、既に発表した幾つかの政策も含めて、主に中産階級の経済向上であった。選挙演説的なアプローチを控え、幾つかの法案通過を議会に要請した。例年とは幾分異なり、スピーチの後半では党派のイデオロギーを越えた真の政治とは何かを力説し、米国は一つであることを強調した。基本的には、就任中6年間続いている党派の分裂と機能不全を向上させたい思いを訴えた説得力のあるスピーチであった。しかし、共和党多数派の議会に対する抵抗感や違和感はなく、むしろ、威厳と冷静さを秘めた落ち着いた約1時間のスピーチであった。 (さらに…)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。