アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2016 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

ニューヨーク市の栄養士でミラクル炭水化物ダイエットの著者であるタニヤ·ズッカーブロットは、メタボリズム(新陳代謝)を高める5つの食品群を紹介し、その特性と効果について以下の通り説明している。

1.柑橘類:オレンジ、グレープフルーツ、レモン、ライムのような食品は脂肪の代謝を促進するため減量には最適である。 基本的なニーズを満たすためには、毎日60 mgのビタミンCを摂取する必要がある。しかし、毎日の摂取量を500 mgまで増やすと、運動中の脂肪燃焼は39%増大する。研究者は12週間の期間中、3回の食事で毎回グレープフルーツを半分食べた人は平均3.6ポンド(約1.6Kg)の体重が減少したと報告した。しかし、何らかの薬を服用している人は、有害な相互作用について医師に確認する必要があると述べている。

2.ベリー類:ストロベリー、ブルーベリー、ブラックベリーは 食物繊維が高いため、全て繊維の良い食品源である。体は繊維を消化することはできないが、消化のプロセスでカロリーを燃やすことができる。1カップのラズベリーにはなんと8グラムの繊維が含まれ、わずか60カロリーである。ベリー類のもう一つの利点は、通常の食事またはスナックに含まれる脂肪とカロリーを体が吸収する前に、消化管を介して繊維はそれらを吸収し除去することで消滅させる作用がある。

3.高繊維の穀物: アメリカ栄養士会のジャーナルで発表された研究は、朝食に穀物を食べた女性は、他の食品の朝食を取った人より、肥満率は30%低いことが判明した。高繊維の穀物は、メタボリズムを上げるだけでなく、ゆっくり消化するので満腹感があり、数時間の活力を与える。また、繊維は脂肪の貯蔵を防ぐことに役立つため、安定したインスリン.レベルを保つことができる。

4.脂肪の少ない蛋白質:脂肪の少ない牛肉、鶏肉、七面鳥の肉は新陳代謝を加速し、完全に消化するためには、単に多くのエネルギーを必要とするだけでもっと脂肪を燃焼する。ある研究では、高タンパクの食事を取る人は、食事後に高炭水化物食を取る人の2倍のカロリーを燃やすことが判明している。これに加えて、タンパク質を摂取することは、最高速度の走行でメタボリズムを維持し、減量時の筋肉量を保持するのに役立つ。1回の食事に3オンス (約84g)の骨、皮、及び脂肪のない七面鳥の胸肉は、120カロリーで、26グラムの食欲抑制タンパク質、1グラムの脂肪が含まれているが、飽和脂肪はゼロである。

5.ガーリック:ガーリックは免疫力を高めることから、加齢および病気などと戦うことも含めて、多数の健康上の利点がある強力な栄養源である。微量でも食事療法にガーリックを追加すると、体重減少に役立つことがある。栄養学会誌に発表された研究では、ガーリックは体の脂肪の生産を減少させながら、日々の活動中、カロリー消費量を高めることが判明した。

メタボリズムと呼ばれる個人の新陳代謝機能は部分的に遺伝子に支配されると言われているが、専門家は食べる物によって自然にそれを活性化させることも発見している。体の脂肪燃焼力を高める食品をバランスよく取り入れることが健康に役立つかもしれない。多種多様の研究で、ズッカーブロット氏が提起していない新陳代謝機能を自然にあげる食品には、卵の白身、ミルク、高繊維食品の類いである全粒穀物、レンズ豆、唐辛子などがある。また、飲み物には水、コーヒー、禄茶などが奨励されている。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。