アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2018 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

2015年1月29日 のアーカイブ

麻疹の再流行に懸念が拡大

米国でウイルス感染症の麻疹が再度流行し、2014年に25以上の州に拡大した。麻疹はアフリカ、アジア、ヨーロッパなど世界各地で流行する一般的な病気であるが、米国での過去の感染は海外から持ち込まれたケースが多いと言われている。今年はすでに10州以上に拡大している為、ワクチンを受けていない子供達に自宅待機を命じる州も出てきた。世界的に麻疹の死亡率は大幅に減少し、米国は特定の年を除き2002年以来ほとんど注目されていない病気であったが、昨年から再度流行し始めた為懸念が拡大している。 (さらに…)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。