アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2016 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

オバマ政権は2日、イラン核プログラムに関する歴史的な合意に達した。オバマ大統領の重要な達成であると言われている。 合意に達した後、大統領はホワイトハウスのローズ.ガーデンで記者会見を行い、これは包括的および長期的な同意であり、国際監視チームによる前代未聞の立ち入り検査が可能であり、イランが核兵器を開発するための経路は遮断されているため安全であることを強調した。この報告を受けて、複数の共和党は投票によりこれを阻止する計画を含め、様々な拒否反応を表明した。イラン核プログラムの歴史的合意は共和党の懸念に反して、なぜ安全であるかのか3つの観点から明白にしている。

1.  共和党は、基本的にイランを信頼していない為、合意の内容に関係なく、議会が承認することを要求している。しかし、大統領は信頼を基盤にした合意ではなく、「検証を基本にした合意である」と述べている。この合意の最も重要なポイントは、国際原子力機関および国連核監視による検査官はイランの軍事施設も含めて、施設のすべてを定期的に検査するため、イランの核プログラムに前代未聞のアクセスを可能にする事である。この合意にはそのような検査による国際規約がある為、国際法に違反することはないと強調し、「イランが欺いた場合、世界はそれを知る」と説明した。つまり、イランは国際機関が検査することを義務化した為、イランが軍事関連の開発のためにこの合意を利用する事は不可能であることを強調した。

2. この合意に懐疑的な反対者はイランがいずれ核開発を行う危険性があると指摘している。しかし、この合意はイランが爆弾を製造する必要があるプルトニウムを拒否し、濃縮ウランを使用して爆弾を作る手段を阻止している。大統領は、イランが武器を製造するために必要な材料を備蓄しないことに合意したと述べている。更に、これは20年以上続く長期的な透明性のある措置であり、イランのプログラムには「厳密な制限がある」と指摘した。

3. イランに懐疑的な共和党はイランが国際協定の合意に違反することを恐れている。しかし、この協定はイランに対する米国および欧州連合の経済制裁を解除する条件が含まれているため、国連の監視メンバーは常に監視し検査することで違反を発見した場合、経済制裁は解除されない。大統領は米国を含む国際社会はイランの行動と引き換えに、一定の制裁からイランを段階的に救済することに合意した。従って、イランが契約に違反した場合、「制裁を元の位置に戻す」ことができる。一方、米国がイランに対して禁止しているテロ支援、人権侵害、および弾道ミサイル.プログラムの監督は継続されると述べた。

複数の共和党議員は、大統領のイラン核プログラムの合意報告に反応している。テッド.クルーズは内容の善し悪しに関係なく議会が検討する必要があると述べている。ジェブ.ブッシュはイランの核開発の能力を制御することを目的にした合意は、このような活動を正当化するだけであると述べた。上院共和党のベテラン議員ジョン.マケインはオバマ政権の合意はテロリストと暴力の温床であるイランに対する「幻想的」な発想であると批判した。下院議長ジョン.ベイナーは、イランとの合意に懸念を示し、議会は制裁が解除される前に詳細な合意内容を検討する必要があると述べた。また、イランは合意に基づいて核兵器を開発することは無く、制裁を解除することがイランを安定化させると考える事は「ナイーブ」であるとのコメントを公表した。 この合意を無効にすることを希望している共和党および一部の民主党は、特にイランの制裁解除に反対している為、合意内容を検討することを主張している。

ホワイトハウスは4日、このような動きに反応し、主な詳細点については今後3ヶ月間で最終決定する必要があるので活発な論議を歓迎すると公表した。また、イランの核プログラムに対処する為には(1)イランの「核施設を爆撃する」ことで再度戦争の道を開くか、(2)「交渉を放棄し、制裁が最善であることを望む」ことも可能であるが、これは常にイランの核兵器開発をもっと促進するとし、(3)今回のように、「イランが核兵器を取得することを平和的に防止する」かどうか3つのオプションがあると述べた。

この3つのオプションのうち、どれが最も懸命な方法であるかは明らかである。大統領の合意の報告は、米国を含む国際社会がイランの違反を防ぐ可能な限りの方法を模索したことを示唆している。多数の共和党は、イランは過去に秘密裏に核開発を進めたことがあるとして、イランを信頼できないと述べている。恐らく、オバマ政権も全面的にイランを信用していない為、強固な検証システムに基づく安全性を強調したと思われる。イランは外国からの石油輸入が減少している為、すでに経済的に困窮していると言われている。協定に違反することは多大な経済的メリットを失うばかりか、国際社会から閉め出される結果になる。下院議長が指摘した通り、制裁を解除することがイランを安定化する全ての要因ではないが、そのようなリスクを負ってまでイランが違反する理由を説明していない。いずれにしても、議会は長時間検討し、イランの制裁解除に反対するため投票する予定である。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。