アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2016 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

米国上院議員ランド.ポールは7日、2016年大統領選への出馬を正式に発表した。リバタリアンとして知られているポールは、違うタイプの共和党リーダーであると言われているが、どんな人物でどのような政治思想が活動の心棒になっているのか?彼は保守政治活動会議(CPAC)のストロー.ポールで2年連続最有力候補者として 選択された実績があるが、現在彼には勝利の可能性がない決定的な理由が幾つかある。

ランド.ポールは1988年にリバタリアン党の大統領候補であり、1997年から2013年までテキサス州14区を代表する米国下院共和党議員であったロン.ポールの子息として、1963年にペンシルベニア州のピッツバーグで生まれた。1981年から84年までテキサス州ウェイコのミッション系私立校ベイラー大学に通った後、デューク大学医学部を1988年に卒業した。1991年に結婚したケリー.アシュビーとの間に3人の息子がいる。ベイラー大学に通っている頃、政治に深い関心を持ち始め、テキサスのヤング保守党に関与した。1993年からケンタッキー州で眼科医として開業していたが、2011年に米国上院議員に選出された。

リバタリアンは自由主義を意味する。リバタリアン党はコロラド州ウェストミンスターに在住していたデビッド.ノーランが1971年に考案した党であり、公民の自由、自由市場、レイゼ.フェアー(Laissez-faire)または自由放任主義の資本主義を掲げている。父親のロン.ポールに影響を受けたと言われているポールの主な政治思想は以下の通りである。(1)エネルギーの安全保障を推進:国内のエネルギー生産は拡大している現状について述べ、もっと豊富な資源にアクセスするため国内生産を拡大することを提唱している。(2)命の尊厳を提唱: 彼は、「100%プロ.ライフを信じ、人命は受胎から始まるので中絶は罪のない人間の生命を奪うと信じている。これは憲法で保障されている権利として、この生命を保護することが我々の政府の義務である。このような理由から 2013年3月14日、受胎生命法S. 583を紹介した。この法案は受胎時から胎児の生命を保護する為、憲法を延長したものである」と説明している。

(3)国の予算のバランスを図る:ワシントンでの無謀な支出は長期化していると指摘している。(4)経済的機会を拡大:長年の懸案である米国税法を改革する必要があることを強く主張し「壊れた税コードによって課される厄介な税法は、ほとんどのアメリカ人を複雑化させ、多くの人達は税金準備のため会計士を雇わなくてはならない」と指摘している。(5)教育機会の推進:彼は「連邦政府は教育省のサイズを増加しているので、テストの採点と学力が著しく低下している。より多くのお金、より多くの官僚、そしてより多くの政府の介入は、この国の教育水準を侵食している」と述べているが、その解決法については提案していない。(6)銃の権利を保護:「銃規制法は責任ある銃の所有権へのアクセスを制限する。リスクの高い個人は、予防を増加しても依然として武器を取得する。責任感があり、遵法的な市民に対して銃の所有権の権利を制限する銃規制法の提案を支持しない」と述べている。

その他、プライバシーと公民自由の保護、上院および下院議員の任期を12年に制限する改革、ビジネスに対する様々な規制を排除または規制緩和を支持している。また、外交政策においては軍隊を戦場に送る軍事行動には消極的であり、退役軍人を英雄として支持することなどを挙げている。オバマケアに関して、この法律が政府の権限を急速に拡大させ、強制加入による罰金などの規定が多数の訴訟に発展したことを述べているが、自身の立場を明確にしていない。総体的に、多数の政策の中で、具体的な提案があったのは中絶問題だけである。基本的には、ほとんど現状を批判しているばかりであり、大統領としてどのような問題にどのように対処したいのかほとんど個人としての目標は提起していない。大統領候補として、多数の有権者にアピール可能な目立つ特徴がないことが、勝利の可能性がかなり低い一因である。

更に、圧倒的に多数の専門家、メディア、その他の政治分析家はポールが大統領として勝利することは不可能であると既に予測している。7日のワシントン.ポストによると、重要な選挙区であるニューハンプシャー(NH)、アイオワ(IA)、サウス.キャロライナ(SC)でランド·ポールはジェブ·ブッシュに後退している。選挙に勝利するためには 共和党候補者の中で総体的に支持率がトップになる必要がある。しかし、最新のReal Clear Politics の統計によると、NHでジェブ.ブッシュの平均支持率はトップの16.3%、スコット.ウォーカーが15.7%、ポールは11.2%である。次にIAではウォーカーがトップで20.0%、次にマイク.ハッカビーが12.0%、ポールは11.3%である。SCではブッシュがトップで17.0%、次にウォーカーが15.3%であるが、ポールは6番目の6.0%である。

最後の理由として、リバタリアンはまだ歴史的に実績がないことがあげられる。7日のニューヨーク.タイムスによると、リバタリアンは経験が浅く非常に少数派の政党であるため、勝利するのは10年から20年先の事であり、現時点ではほとんど彼が勝利する可能性はない。また、リバタリアンの考え方に受容性のある大抵の有権者は投票しない傾向がある。更に、2014年に10,000人を対象にしたピューの世論調査で、彼等自身がリバタリアンであると考慮した率は11%のアメリカ人および12%の共和党である。ピューの調査結果は、リバタリアンとしてのポールが強調している4つの課題を絶えず支持している人は僅か8%であることを明白にした。ポールはNSAの監視プログラムに反対し、世界における米国の役割を抑制することを主張し、軍事介入の有効性には懐疑的であり、薬物死刑執行の緩和を支持している。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。