アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2018 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

2015年4月9日 のアーカイブ

傍観者の隠し撮りと警察官のボディ.カメラの比較論争

傍観者が警察の行動をビデオに収め匿名で公開するケースはさほど稀ではないが、被害者の家族に直接提供したことで一般に身元が知られるケースは稀である。ノース.チャールストンで4日に起きた警察官の射殺現場を携帯電話に録画した男性は、予想どおり早速英雄としてメディアに紹介された。個人の隠し撮りビデオに対して、警察官のボディ.カメラの利点が強調され、数年前から要請、提案、強制などの理由により利用が増加している。市民ビデオとボディ.カメラの現状はどうなっているだろうか?それらの論争的な相違点は何か? (さらに…)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。