アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2016 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

ヒラリーク.リントンは12日、2016年大統領選の民主党候補として正式に出馬する決定をした為早速、共和党候補者の痛烈な攻撃に直面している。通常の大統領候補者に見られる公表とは異なり、大きな集会もなく、大きなスピーチはほとんどない地味な発表である。しかし、大統領選出馬の公式表明で、何が彼女のテーマであるかを言葉ではなくビジュアルに表現した。現在、注目されている共和党対抗者は6人であるが、彼等の知名度及び一部州での各自の支持率をクリントンと比較した場合、興味深い結果が報告された。来年11月の大統領選は面白い戦いになる徴候があることを示唆している。

クリントンの正式な出馬声明はソーシャル.メディアを通して、東部時間午後3時に公表された僅か2分間の選挙キャンペーン.ビデオである。彼女は、選挙キャンペーンの政策メッセージの一部に登場し、短い立候補宣言で「私は大統領に立候補します。アメリカ人は毎日チャンピオンが必要です。貴方の時が来ていますので、私は貴方の投票を得るため駆け巡ります。貴方がこの旅に私と共に参加して下さることを望んでいます」と述べた。大きな会場での集会でスポット.ライトと拍手喝采を浴びるような華々しい公表ではなく、クリントンは週末、早期投票が行われるアイオワおよびニューハンプシャー州で、有権者との集会による小さなキャンペーンを実施し、個人を訪問することも含めて既に大衆の中に入る地道な戦いを開始した。キャンペーンのテーマは中産階級の経済向上であり、経済格差を縮小することである。ビデオは、米国大半の家庭はまだ経済的に厳しい状況である事を描写し、家庭が強くなることがアメリカを強くする事であるとのメッセージを送った。

12日のニューヨーク.タイムスによると、クリントンのキャンペーンは小規模で始まるが、大統領候補者の中で、キャンペーンのコストは誰よりも多額になる事が予測されている。このキャンペーンで圧倒的に彼女の立候補を後援する民主党の支持者は、政治行動委員会(PAC)に寄付する金額が25億ドルになると予測されている。ファーストレディから上院議員に選出され、その後国務長官という著しい経歴を持つ女性は米国の政治史上ヒラリーが初めてであり、知名度の高さは誰にもひけを取らない。これに加えて、女性の地位向上キャンペーンで数十年間貢献したきたヒラリーに対する女性の支持率は歴史的に高いと言われている。米国人口の大半は女性であるが、大半の女性は民主党を支持する傾向がある。また、年配者の白人女性、若い女性、及び少数民族など幅広い層に支持されている。

彼女の公式表明に関する情報は10日に既に漏れていた為、マルコ.ルビオも昨日、生まれ育ったマイアミで13日に公式発表すると報告された。ランド.ポールは早速敵意を燃やし、彼は自分のキャンペーンで宣伝ビデオを利用し、ヒラリー.クリントンはワシントンで最悪の政治家であると述べた。また、権力に傲慢であり、汚職を隠し、利益を争い、リーダーシップに失敗しているとの強烈な批判をし、彼女は「アメリカン.ドリームを破壊している」と攻撃した。民主党で最初の公式な立候補者となったヒラリーは、米国は若手のリーダーを必要としていると主張しているポール、ルビオ、クルーズなどから徹底した攻撃を受けることは必然である。

既に出馬を宣言したテッド.クルーズおよびランド.ポールを含めて、ヒラリーに対抗する事を表明したマルコ.ルビオおよび他の共和党の主な潜在的候補者ジェブ.ブッシュ、クリス.クリステイ、マイク.ハッカビー、スコット.ウォーカに対する国民の印象、および知名度は著しくクリントンと差がある。3月13日から15日までに実施されたCNN/ORCの合同世論調査によると、米国でヒラリーを知らない人はほとんどいない。一方、有権者に知られていない率が高い候補者はウォーカー及びルビオである。彼等は、国民の支持を得る政策を訴えることより、ヒラリーを批判する発言が目立っているようである。

クリントンとの対比 好ましい 好ましくない 聞いたことがない
ヒラリー.クリントン 53 % 44 % 1 %
ジョー.バイデン 43 % 46 % 6 %
ジェブ.ブッシュ 31 % 47 % 14 %
クリス.クリステイ 25 % 44 % 24 %
マイク.ハッカビー 35 % 30 % 26 %
ランド.ポール 31 % 30 % 29 %
マルコ.ルビオ 25 % 26 % 39 %
スコット.ウォーカー 21 % 21 % 48 %

現在3州で、クリントンに対する共和党候補者6人の支持比率が判明しているが、 4月9日に公表されたクウイニピアク大学の調査によると、これら6人に対するクリントンの支持率には地域差があることが判明した。コロラド州ではクリントンはブッシュおよびクリスティに僅かながらリードしているだけである。バージニア州ではヒラリーが全員に対して優勢である。驚くことに、リベラル傾向のコロラドでヒラリーは3人の共和党にリードされているが、政治的に多様で最初に重要な州であるアイオワでは逆に4人をリードしている。2016年の大統領選は面白い展開になる徴候が既に顕われている。

クリントンとの対比 コロラド アイオワ バージニア
クリントン対 ブッシュ 41 % 対 38 % 41 % 対 40 % 47 % 対 40 %
クリントン対 ウォーカー 41 % 対 42 % 44 % 対 40 % 47 % 対 40 %
クリントン対 クルーズ 41 % 対 41 % 43 % 対 40 % 49 % 対 39 %
クリントン対 ポール 41 % 対 44 % 42 % 対 43 % 47 % 対 43 %
クリントン対 ルビオ 40 % 対 41 % 43 % 対 40 % 48 % 対 40 %
クリントン対 クリスティ 41 % 対 39 % 41 % 対 39 % 46 % 対 40 %
クリントン対 ハッカビー 41 % 対 41 % 42 % 対 42 % 48 % 対 40 %

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。