アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2018 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

2015年4月20日 のアーカイブ

アメリカの宗教と政治の深い関わり(2)

しかし、驚くことに、このインテリジェント.デザインを高校のクラスで教えるべきであるかどうかの論争が今日も続いている。2005年、ペンシルベニア州のドーバー地域の高校では、裁判による判決で初めてインテリジェント.デザインを科学のクラスで教えることが認められた。ピュー.リサーチ.センターの世論調査によると、一般大衆は学校では人類の起源については複合的に教えることが理想的であるとする一方、大半は進化論を支持するものの、2/3のアメリカ人は学校のカリキュラムにクリエイショニズムを追加することを好んでいる。また、54%のアメリカ人は、科学者は一般に進化論に同意していると信じているが、進化論を支持する強力な科学的証拠があると信じる国民はわずかである。この報告は、2004年のギャラップの調査で、35%がダービンの進化論は科学的に証明されていると答え、ニュース.ウィークの調査では、進化論は科学的証拠に照らし、世界の科学者に広範に受け入れられていると答えた人は45%だった事を明らかにした。これは2005年に別の組織が調査した際、ダービンの進化論は化石の発見により証明されていると思うと答えた参加者は45%で、思わないと答えた人は48%であった。 (さらに…)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。