アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2018 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

2015年4月23日 のアーカイブ

歴史的な人種差別法 (2)

インディアン撤去法は19世紀の政治及び経済対立を明らかにしたアメリカの歴史上、最も異例で論争的な出来事である。イギリス及びヨーロッパからの移民がアメリカに移住する以前、チャロキー、クリーク、セミノール、チックソー、チョックトーの5族インディアンは元来アメリカ南東部に小さな部落を形成し、最も文明化した種族に属していた。彼らは、近親拡大家族の母系組織を土台とした社会を築いており、狩猟、商業、及び農業に依存した生活を営んでいた。1800年代の初期、チャロキーは民主的政府の単一民族を築き、憲法と法律を制定し、学校、教会、及び表音記号を用いた読み書きのシステムも創案していた。1820年代までには、様々なヨーロッパの文化を採用し、経済的に豊かになり次第に文明化していった。 (さらに…)

歴史的な人種差別法 (1)

アメリカには、人種差別を正当化する様々な法律が存在し、その一部は2000年まで続いた。アメリカ合衆国憲法修正第十四及び第十五条は性別、国籍、及び肌の色に関係なく、同等の法的保護を保証しているにも関わらず、人種差別法は長い間、様々な強制的又は任意的人種隔離を招く結果になった。歴史的顕著な例に、1661年以後制定した異種族間結婚に反対する法律 、1830年代のインディアン撤去法、1860年代のブラック.コードと 1870年後半に制定されたジム.クロウ法、及び1882年の中国人排斥法がある。 (さらに…)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。