アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2016 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

健康を維持する為の運動の目安は多種の機関および専門家により異なるが、連邦政府は具体的に基準を定めている。しかし、長時間のテレビ観賞および職業的関連性から長時間座っている生活習慣のある人は多い。最近圧倒的に多数の専門家は、長時間座りっぱなしは不健康である為、ある程度の間隔で席を立ち、軽い運動をすることを勧めている。しかし、明確な基準は不明であったが、複数の研究者は最近具体的で簡単な目安を発表した。

連邦政府による運動のガイドラインでは6歳から17歳の子供(5歳以下には適用しない)には毎日60分のエアロビック運動が奨励されている。一方、18歳から64歳までの個人に対しては、歩くことを含め、毎日30分間の運動を勧めている。このグループの成人は少なくとも週に 2時間半(150分)の中程度及び強度のエアロビック運動を行なう必要がある。エアロビック運動の類いは中程度および活発な運動などである、例えば、社交ダンス、低速度のサイクリング、水中エアロビクス、水泳、カヌー、サッカー、バスケット.ボール、縄跳びなどが挙げられる。成人は少なくとも一度に 10分間、このタイプの活動を行う必要がある。健康上に問題のない成人に対しては、強度の運動である腕立て伏せ、腹筋、ウェイト.リフティングを少なくとも週に2日行なうことが奨励されている。

更に、長時間座ったままの状態を続けると健康上有害であり、寿命が縮まるという説がある。興味深いニュースは、数時間の集中した運動を毎日する必要はないということである。長時間座り続ける事の健康上の問題は心臓、腎臓などに悪影響があり、未熟死、糖尿病の原因になりやすいと言われている。健康医学国立研究所の複数の専門家の研究によると、1時間毎に2分間椅子から離れるだけで著しく短命のリスクを解消するという。つまり中程度、及び精力的な活動で消費された1時間毎に2分間の運動は早期死亡率を減少するという。この研究は、坐り続けている個人が1時間おきにわずか2分間歩行しただけで、慢性腎不全または腎臓病患(CKD)の死亡リスクを約33%減少した結果を報告している。

この研究は383人のCKD患者を含む3,626人の参加者を対象に実施され、特にCKDに集中している。なぜなら、CKD患者は約2/3の時間を座った状態で過ごすからである。座りがちなこのグループが軽い運動を増加することで生存の利点が増える可能性があることを研究家は発見した。多くの健康医学専門家は、成人の場合、週に最低約150分の中および強程度の運動に加えて、長時間座っている生活習慣のある人は、1時間毎に数分間の運動をすることを奨励している。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。