アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2016 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

ABCニュースのワシントン支局長であるジョージ.ステファノプロスは2016年大統領選挙の選挙献金として民主党の最有力候補者であるヒラリー.クリントンに大金を寄付したことが14日報じられている。クリントンは負債者から富裕者になったとして疑惑を抱く人物も存在する。また、ニュース.アンカーであるステファノプロスによるクリントンとの個人的つながりは深い為、特に疑惑を生みやすいがその真相は何か? また、ジャーナリストは可能な限り中立的立場でニュースを報道することが理想であるとして、特殊な立場にある彼等の選挙献金に抵抗が見られるが、それは合法的なのか?

ステファノプロスは1961年2月生まれのアメリカの元政治家であり、現在クリントンの家族と親しいニュース.キャスターである。彼は、ビル·クリントンの1992年大統領選でコミュニケーション.ディレクターとして起用された。結果的に、ホワイトハウスのコミュニケーション.ディレクターになり、1996年12月には政策上級顧問になった。現在、ワシントン支局長及び政治特派員長、ABCニュースの「グッド.モーニング.アメリカ」の共同アンカー及び日曜日朝の番組ABC’s Sunday Morning This Weekのホストである。

今月5日Clinton’s Cashという書籍が出版された。本の内容はビルおよびヒラリーが海外政府およびビジネスから援助を受けて金持ちになったとの疑惑を提起している。2000年、ビル及びヒラリー.クリントンは数百万ドルの法的債務を負っていた。その後、クリントン夫妻は1.3億ドルを獲得した。そのお金はどこから来たのかという疑問である。ほとんどのアメリカ人は、クリントンの富は本の出版および最も高い講演料から得たと理解している。この書籍の著者であるピーター·シュヴァイツァーはそれらの膨大な支払いの背後に誰がいるかを提示している。

ステファノプロスはその中の一人であると言われている。なぜなら今回の献金は初めてではなく、2012年及び2013年に$25,000 、更に昨年もビル.クリントン、ヒラリー.クリントンとその娘チェルシーが率いる慈善団体に寄付した。14日のNYTによると2012年には $10,001 から$25,000、2013 年には $25,001 から$50,000、2014年 には $50,001 から $100,000の範囲で寄付したという。 ステファノプロスはクリントン財団に$75,000寄付したと報告した。

ステファノプロスはこの本が出版されるまで、彼の過去の幾つかの献金についてメディアを通して公表していなかったと言われている。彼は、ヒラリーが国務長官時代に外国政府からの寄付を受けているとシュヴァイツァーが主張している点について、その疑惑を否定した。外国政府から寄付を受けることで、その政府に有利な政策を推進したかどうかとの疑惑についても彼は「ABC、他のメディア、独立した研究者はヒラリー·クリントンが寄付に基づいて任意の政策を変更した証拠はなかった」と述べた。

ステファノプロスは14日、ABCの声明で「私は深く心配しているグローバルなエイズ予防と森林破壊の問題に関与している彼等の仕事を支援する財団に寄付をしました」と述べた。更に、「自分の貢献は公的記録の問題であると思っていました。しかし、寄付に関する最近のニュース中、私の雇用者および視聴者に対して、私の寄付に関する個人的な公開は報道で余分なステップを取るべきでした。謝罪します」 と語った。つまり、ステファノプロスは、寄付の公的記録はあったもののメディアを通して一般に知らせなかったことを明白にした。ABCはこれとほぼ同じ声明を発表し、「正直にミスを謝った」として「彼を擁護する」ことを明白にした。

メディア関係者がある一定の政治家に寄付することは基本的に合法的である。連邦選挙委員会の記録に基づくNBCニュースの調査によると2004年から2007年の第1四半期までの選挙キャンペーンで143人のジャーナリストが献金をした。さほど知られていないジャーナリストであれば公的記録がある以上問題はないが、有名なニュース.キャスターがある一定の思想団体または政治家を公然と支持した場合、スキャンダルになる。例えば、2010年、フォックス.ニュースの主なホストであるショーン.ハニティは、ティーパーティー運動を支持することを表明した為、ティーパーティー候補の支持者による集会を彼の番組で放送することを禁止されたことがある。

ステファノプロスは特に、クリントン政権下で政策上級顧問であった為、個人的な政治見解がニュースに反映する懸念を持つ個人は、クリントンへの寄付は多大なマイナス要素であると見ている。従って、クリントンに対するステファノプロの寄付は、ハニティの例と同様に反響が強いため、共和党の攻撃材料になっている。ケンタッキー州の上院議員で、4 月 7日に大統領選立候補の公式宣言をしたランド.ポールは、ステファノプロスを今後政治的な討論から外すことを提案している。しかし、クリントン財団には彼の寄付の公的記録があるため、そのような圧力は永久的なものではないと思われる。また、財団に寄付されるお金はヒラリーが個人的にアクセス出来る類いの富ではない為、シュヴァイツァーの攻撃は単なる右翼派の政治戦略である。ジャーナリストが財団に献金することは合法的であることも含めて、これらは全てが真相である。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。