アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2016 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

2016 Prospective Republican Candidates Photo credit: Gage Skidmore ...

2016年大統領選の立候補を公式に宣言した共和党メンバーは27日までに合計7人である。特にジェブ.ブッシュを含め、立候補を明確にする可能性がある主な潜在的候補者達は、まだ公式に発表していない。大統領選の共和党立候補者として、最近新たに表明した4人は27日正式に公表したばかりのリック.サントラムを含めて、輝かしい経歴を持つ人物ばかりである。28日に公表された世論調査によると、サントラムを除き、この7人中3人が支持率10%に達している。

27日、アリゾナ州フェニックスで正式に立候補を宣言したサントラムは1958年5月10日生まれの弁護士及び共和党の政治家である。1995年から2007年まではペンシルベニア州を代表する米国上院議員であり、2001年から2007年までは上院で3番目のリーダーであった。2012年の大統領選にも立候補し、最終的には共和党の指名候補ミット.ロムニーの次に有力候補者であった。サントラムは昨日「前回2番目でした。再度立候補し、勝利します」との決意を表明し、「4年前、誰も私たちに多くのチャンスを与えてくれませんでした。しかし、我々は11州を獲得し、4万票を得ました。それは私が何かのために立っていたという理由だけではありません。私は誰かのために立っていたからです。それはアメリカの労働者の為です 」と語り、中産階級の為に戦う候補者であることを明白にした。

マイク.ハッカビーは1955年8月24日生まれの政治家、政治評論家、ベストセラーの著者、宗教的原理主義者、及び南部のバプテストである。1996年から2007年までアーカンソー州の第44代知事を務め、2005年のハリケーン·カトリーナへの対応が迅速であった事で、米国で5人の最良知事の一人として広範な称賛を得た経験がある。2008年には米国の共和党大統領選の候補者の一人であったが、予備選で敗北した。2008年から2015年1月までフォックス.ニュースのトーク.ショーに出演し、2012年4月から 2013年12月までマイク·ハッカビー.ショー のラジオ番組を主催した。このような背景を持つ人物として、ある程度知名度があるハッカビーは、5月5日、2016年大統領選のキャンペーンを実施するため、共和党候補者として出馬する旨を正式に発表した。

カーリー.フィオリーナは1954年9月6日生まれの大手企業の元幹部である。1980年からAT&Tで上司を務め、1999年から2005年ヒューレット·パッカード(HP)の最高経営責任者を務めた。2005年1月、業績の低迷により経営に失敗したため、強制的な辞職に追い込まれた。彼女の辞職のニュースに反応し、HPの株価は大幅に上昇したため、従業員は彼女の辞職を大歓迎したと言われている。2008年の大統領選で共和党候補ジョン.マケインの選挙キャンペーンでの顧問として政治に関与するようになった。2010年にはカリフォルニア州から上院議員として立候補したが、民主党対抗者のバーバラ.ボクサーに敗北した。フィオリーナは5月4日、最初の共和党女性候補者として、2016年の大統領選に立候補することを正式に公表した。

ベン.カーソンは1951年9月18日生まれの米国の作家、元神経外科医である。彼は結合体双生児の頭を接合分離する事に成功した最初の外科医である。2008年にジョージ.W.ブッシュ前大統領より大統領自由勲章を授与された。 2013年、祈りの朝食会で公表演説をした後、保守派として一部の米国人に知られるようになった。2013年10月、ワシントンの投票者サミットで「貴方が知っているオバマケアは奴隷以来、この国で起こった最悪の事態であると考えています。それは私たちの全てを政府に従属させるためであり、それは奴隷の方法であり、それはヘルスケアではなく、支配についてです」と発言した。オバマ政権の医療保険制度に対する強烈な批判は、ある意味で彼の知名度を高めることに貢献した。5月4日、カーソンは2016年大統領選で共和党からの指名を得るため立候補することを公式に発表した。

上記4人中2人に比較すると、一足先に正式出馬を公表した3人はいずれも政治的経験が浅い若手である。1970年12月22日生まれのテッド.クルーズが最も早い3月23日に立候補を宣言した。次に1963年 1 月 7日生まれでリバタリアンのランド.ポールは4月7日に公表した。13日には1971 年 5月28日生まれで最も若いマルコ.ルビオが立候補を公式に発表した。依然として、彼らの支持率にはさほど向上が見られないが、最も注目を集めているのはルビオである。5月28日に公表されたクウイニピアク大学の世論調査によると、クルーズの支持率は6%、ポールは7%、ルビオ10%、カーソン10%、フィオリーナ2%、ハッカビー10%である。この調査でのサントラムの支持率は現在不明であるが、他の有力者と肩を並べる可能性が最も高い若手候補者はルビオかもしれない。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。