アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2016 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

下院で5月13日に通過した自由法案は6月2日午後、上院議会で67対32の票差で通過した。オバマ大統領は今夜署名した。投票前の午前中には幾つかの改正について協議を行い、議事妨害を防ぐためのクローチャー投票を実施し、83対14票で準備を完了した。この法案はNSAが電話会社から個人の電話記録情報を収集していた従来の慣行を停止する。

5月7日、連邦控訴裁判所は電話のメタ.データーの収集は非合法であると判定した。その後、ランド.ポールは愛国者法の延長に反対する態度を強固にした。1日ワシントンD.Cの議事堂で国家安全保障局(NSA)のメタ.データー収集に抗議し、このスパイ.プログラムの収集を認可した愛国者法の延長に反対するデモを実施した。2日通過した自由法案は、従来通り電話会社が顧客に請求書を発送する目的で電話記録を収集することに変化はない。変わる点は、NSA及びFBIが理由もなく定期的にそのようなメタ.データーを収集することが不可能になり、極力限定されることになる。米国の外国諜報監視裁判所(FISC)が認可した政府の要請にのみ、電話会社に情報の提供を要請することが可能になる。複数の電話会社は、自由法案は公共安全の保護と市民の自由のバランスを維持すると肯定的である。オバマ氏は議会の最終的な通過を歓迎した。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。