アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2016 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

昨夜9 時頃、サウス.キャロライナ(S.C)州チャールストンのエマニュエル.アフリカ.メソジスト主教派教会(Emmanuel AME)と呼ばれる伝統的な黒人教会で突然の侵入者による銃襲撃の殺戮事件が発生し、9人が死亡した。その後、犯人は逃亡した為、多数の法務執行機関の並々ならぬ協力体制で集中的な追跡が始まった。捜査活動は迅速であり、18日東部時間午前11時15分頃、ノース.キャロライナで交通停止中に逮捕された。犯人逮捕後、オバマ大統領はホワイトハウスから短い記者会見を行い、銃規制が不十分であることを示唆し、エマニュエルAME教会は単なる教会ではなく、奴隷の自由と暗い側面の歴史があると語った。犯人は白人至上主義者である可能性がある。

犯人は同州レキシントンの出身、ディラン.ストーム.ルーフ21歳 (1994年 4月 3日)、痩せ型、身長約173cmの白人である。冷血無惨な殺戮は、憎悪犯罪であると言及されている。教会の入り口には防犯カメラが取り付けられていた為、および不法侵入などの容疑で数回逮捕されていた前歴があった為、犯人の素性は早急に判明した。チャールストン市長のジョー.ライリーは「誰かが教会に入り、祈っていた人達を撃つことは憎しみ以外の何物でも無い。人生で最も悲痛な事を目撃した」と語った。S.C州の知事ニキ·ヘイリーは犯人逮捕後、当地の法務執行機関の記者会見で「今日、目が覚めたサウス.キャロライナの心と魂は壊れています」と述べ、「癒しのプロセスを開始します」として先に進む決意を語った。

大統領はホワイトハウスからの短い記者会見で「慰めを求め、礼拝の代わりに平和を追求する場所で起こった死について、特に悲痛な何かがあります」と述べ た。最も神聖で平和な場所で静かな祈りをするため集った人達の9人が大量殺戮の犠牲になったことは表現し難いショックであることを表明した。また、人に危 害を加えたいと思った誰かが銃を取得する事に何の問題がなかったので、再び罪のない人々が殺されました。このような事件はあまりにも頻繁に発生しすぎま す」と指摘し、「今は追悼と癒しの時です。しかし、明確にしておきましょう」と述べた。オバマ氏は米国の銃規制が甘い現状を批判するニュアンスで、「この タイプの大きな暴力は他の先進国では起きません」と指摘した。また、エマニュエルAME教会は単なる教会ではなく、奴隷の自由の為に戦い、歴史の暗い側面 がある教会であると語り、南部の一部で密かな奴隷解放の戦いが展開された教会の歴史について触れた。

S.C州のエマニュエル AME教会はチャールストンでは 最も有名な教会の一つであり、歴史的に顕著な黒人教会であり、「奴隷制を克服するため何世紀もの長い戦を続けた象徴である。エマニュエルAME教会は解放された男性および奴隷にサービスを提供した歴史があり、18世紀後半に奴隷制度を廃止する闘争のルーツがある」ことで知られている。現時点で18世紀後半に遡る黒人教会の歴史と昨夜黒人9人が21歳の白人男性に殺害された事件との接点を結ぶことは不可能であるが、奴隷は人間ではなく所有物として扱われていた時代から今日も続いている人種差別と虐待は本質的に違いがないことを示唆している。ほとんどのメディアは憎悪犯罪であると表現している。容疑者は銃乱射中、頻繁に銃弾を装填しながら、「私はこれをやらなくてはならない。国を取り戻す」と言ったことが報告された為、誰かに影響されていると見られている。

また、最新の情報は、犯人が人種差別者で白人至上主義者であることを示唆している。フェィスブックに犯人の写真を投稿した南部貧困法律センター(SPLC)によると、犯人のディラン.ルーフは南アフリカのアパルトヘイト時代の旗をデザインしたバッジをつけている。18日、SPLCの代表者リチャード.コーエンは声明を投稿し、ルーフは「アパルトヘイトを賞賛する白人男性」であると述べている。また、「これはやらなくてはならない。(黒人は)私たちの女性をレイプし、我々の国を取り上げている」からであるとルーフが言ったとされる目撃者の発言を引用している。コーエンは「 人口統計的に変化し、公共生活の中でアフリカ系アメリカ人の増加が目立つ我が国の変化に脅威を感じる誰かによる憎悪犯罪であることは明白です」と伝えている。また、人種および民族性に基づいて他人を中傷するグループ、憎悪グループは我が国で 2000年以来増加している。過去2年間でその数値は減ったものの、まだ歴史的に高いレベルであるとし、この国で人種の多様性が増加し、ホワイトハウスにアフリカ系アメリカ人が存在している象徴的事実に対する過激な反動であると批判している。最後に「エマニュエルAME教会での悲劇は国内テロの脅威が非常に現実的であることを思い出させてくれる」と述べ、S.Cの教会を含む黒人教会は米国の歴史を通して、憎悪犯罪のターゲットになっていると指摘した。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。