アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2016 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

最近2016年大統領選の立候補を正式に表明した共和党候補者は6人である。早く公式表明し、当ブログで紹介したメンバーを含めると合計14名が正式に大統領選のキャンペーンを展開している。現在最も注目されている新たな候補者は6月16日に表明したドナルド.トランプおよび昨日立候補を宣言したばかりのニュージャージー州知事クリス.クリスティである。歴代の大統領は弁護士または法学部出身が圧倒的に多いが、その伝統は今でも続いている。

ジョージ.パタキは1945年6月24日生まれの米国の弁護士および政治家である。1964年にジョージW.ブッシュと共にイエール大学に入学し、3年後に卒業。イエール政治同盟で保守党の議長を務め、1970年コロンビア大学法学部で J.Dを取得し、1981年から1983年まではウェストチェスター郡のピークスキル市の市長でもあった。パタキは1995年から2006年まで連続3期まで務めた53代目のニューヨーク州知事であった。2015年早期に大統領選の候補者としての可能性を模索し始め、5月28日に2016年大統領選の立候補を宣言した。

6月1日に2016年大統領選の立候補を公式表明したリンジィ.グレイアムは1955年7月9日生まれの米国の政治家である。1977年にサウス.キャロライナ(S.C)大学を卒業し、1981年に同大学法学部の法律博士号(J.D)を取得した。1982年から1988年まで同州の州兵として奉仕し、その後個人開業の弁護士であった。1993年から1995年まで同州の下院議長として奉仕し、1995年から2003年1月まで米国下院共和党議員であった。2002年に米国上院議員として選出され、2008年には2期目、2014年には3期目に再選されたため、2003年から現在に至まで上院共和党議員である。グレイアムは、特に外交政策ではタカ派として知られ、強い防衛と軍事力を支持している。国内政策では一部穏健派であり、特に包括的な移民改正法の提唱者である。2007年には1,200万人の不法移民に合法的地位および市民権の道を提供する包括的移民改正法(CIRA)を支持した。グレイアムは2013年6月、米国上院議会で通過したCIRAを起草した超党派8人の一人である。

リック.ペリーは1950年3月4日生まれの政治家である。2000年から2015年1月までテキサス州の47代共和党知事であり、同州の歴史では2番目に長く奉仕した人物である。ペリーはテキサスA&M大学で動物科学の理学士号を取得し1972年に卒業した。1970年代、本のセールスマンおよび空軍に入隊するなどの経験も積んだ。1984年にはテキサス州の民主党下院議員として選出された。1988年には民主党大統領予備選の候補であったアル.ゴアを支持していたが、1989年に共和党に移籍すると発表した。2012年の大統領選で共和党候補者の一人であったが、2011年8月に正式出馬を公表した約5ヶ月後、キャンペーンを保留し、ミット.ロムニーを支持すると発表した。2013年7月、2014年の中間選挙で知事の再選に挑戦しないと公表した。ペリーは民主党の女性地方検事が飲酒運転で逮捕された後、彼女が退職しない場合、検事事務所への資金提供を阻止するため拒否権を行使すると脅しため、職権乱用の容疑で2014年8月15日に起訴された。彼は、このスキャンダルから生存し、6月4日、2016年大統領選に立候補すると公表した。

ドナルド. トランプは著名なニューヨークの不動産帝王の子息として1946年6月14日に生まれた。富豪者、投資家、ビジネスマン、トランプ.エンターテイメント.リゾートの創設者であり、ビジネス界、メディア、政界、その他の業界との関わりが深い人物である。ブロンクスのフォーダム大学に2年間出席し、ペンシルベニア大学のウォートン校で経済学の学位を取得し1968年に卒業した。ビジネス界の大物として知名度は高いが政治家としての経験はない。一般の予想に反して、6月16日に大統領選出馬を正式に発表した。この日の彼のスピーチは、彼がビジネスに大成功し、非常に金持ちであることを強調した。また、メキシコからの移民に対して露骨な人種差別を示唆する発言があったため、最悪の立候補声明であるとの批判を浴びた。現在、彼に対する反感が高まり、トランプとのビジネス関係の停止を表明する企業が相次いでいる。

ボビー.ジンダルは1971年6月10日生まれのアメリカの政治家である。彼は現在、55代目のルイジアナ州共和​​党知事である。1994年、オックスフォード大学の健康政策を専門とする政治学の学位を取得した。1996年、当時知事であったマーフィー.フォスターにより、ルイジアナ州の保健病院省の秘書に任命され、1999年にはルイジアナ.システム大学の学長に任命された。2001年には、第43大統領ジョージW.ブッシュ下で米国保健福祉省の長官トミー.トンプソンの顧問に任命された。2003年には知事に立候補したが、総選挙で民主党の候補者キャスリーン.ブランコに敗北した。 2004年には議会で二人目のインド系アメリカ人として米国下院議員に選出され、2006年には再選された。2007年再度知事選に立候補し、過半数の投票率を確保し、米国で初のインド系アメリカ人知事として誕生した。2011年に再選され、現在に至っているが、6月24日、2016年大統領選の公式立候補を発表した。

クリス.クリスティは1962年9月6日にニューアークで生まれたアメリカの政治家である。2010年1月以来、ニュージャージー州55代目の共和党知事を務めている。彼は1984年、デラウェア大学の法学部でJ.Dを取得した。彼は1987年にニュージャージー州クランフォードの法律事務所で勤務し、1995年から1998年までモリス郡議会の議員として奉仕しながら、2002年まで弁護士として勤務した。その頃までには、元大統領ジョージH.W.ブッシュとジョージW.ブッシュのキャンペーンを行い、2002年から2008年までニュージャージー州の弁護士として連邦犯罪分野で活躍した。2009年1月にはニュージャージー州知事の立候補を宣言し、予備選に勝利し、現職知事を破った。2013年11月クリスティは、ルイジアナ州知事ボビー.ジンダルに継いで、共和党知事協会の会長に選出され、2014年1月には2期目の知事として就任した。2013年に発覚したジョージ.ワシントン橋の車線閉鎖のスキャンダル以来、著しく支持率が減少した。この事件の連邦調査は現在もまだ続いているが、6月30日、大統領選の正式立候補を宣言した。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。