アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2018 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

2015年8月7日 のアーカイブ

共和党大統領候補者の討論会のハイライト

6日東部時間午後9時から始まった10人の共和党大統領候補者の最初の討論会は過去のどのディベートより最も娯楽的であった。おそらく、ステージ中央の位置を提供された型破りのドナルド.トランプが舞台の主役であったせいかもしれない。約2時間の討論課題は、移民法、経済、オバマケア、社会保障、メディケイド、教育問題を含む国内政策: 国際規模の電話記録収集、イラク戦争、イラン核協定などの外交政策: 中絶、同性結婚、人種問題、宗教の自由を含む社会問題など10以上の分野における多数の質問が提起された。また、フェィスブックに投稿された幾つかの選定質問も含まれていた。全ての質問は、フォックス.ニュースのキャスターであるメイガン.ケリー、クリス.ウォレス、ブレット.ベイヤーの3人のモデレーターが適切な質問を適切な候補者に与える応答形式で進められた。1問1 答の制限時間はわずか30秒であった為、ほとんどの候補者は早口で流暢に答えた。 (さらに…)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。