アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2016 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

ドナルド.トランプは6日クリーブランドで開催された最初の共和党討論会で、本人が指名されなかった場合、最終的に指名された候補者を支持することを誓約しないと表明した唯一の候補者である。伝統的にほとんどの候補者は最有力候補者を支持する習慣があるため、驚きの反響があった。また、パフォーマンスが貧弱であり、女性を侮辱していた事が判明した為、メディアに叩かれたにも関わらず、予想に反して彼は支持率トップの座を維持したままである。それは彼が新しいタイプの大統領候補者であるからだ。トランプにはほとんど政策がないと言われているが、討論会を含め、実際には様々な機会に様々な政策を語っていて、今後もっと語る可能性がある。

このフォックス.ニュース主催の討論会後、トランプはモデレーターの一人であったメイガン.ケリーに無意味な質問で連続的に攻撃された為、同局の扱いは非常識であり、彼女は謝るべきだと非難した。トランプ対フォックス.ニュースの戦争が始まったと言われるほど、その反響は多大である。一方、トランプに侮辱された多数の主流派共和党候補者は、彼とステージを共有することに抵抗していた。しかし複数の世論調査で、彼等の期待に反して、共和党有権者のトランプ支持率は平均20%前後でトップの座を維持している。一般的なアメリカ人は平均55%から60%の範囲でトランプを支持していないものの、彼は相変わらず一部の共和党有権者に受けているようだ。その主要因は、一般的国民は公約だけで実行しない政治家に飽きているからである。また、興味本位で観察する限り、トランプは退屈しない候補者であるが、主流逸脱型で政治の外から客観的な立場で発言している稀に見る新しいタイプの大統領候補者である。メキシコからの不法移民は犯罪者であると言った列も含めて、多数の発言は彼が極論者である印象を強く与えている為、極右派に支持されている傾向が強い。

トランプは様々なキャンペーンの集会で語る機会が多いが、彼の政策は具体性に欠け「ミステリヤス」であると言われている。特に大統領選の最重要課題は経済であるが、殆どの国民は彼の政策が何であるかを理解していない。幅広い層の有権者に支持されるリーダーの資格を備えた候補者であることをアピールするためには具体的で理路整然とした政策が必要である。しかし、今までのところ、ほぼ他人の批判に集中している発言が目立ち、無遠慮のフリー.スタイルがいつまで通用するか不明である。恐らく、トランプも米国の平均的国民は極論を好まないことを認識していると思われる。トランプの政策アドバイザーは、現在政策を考案している最中であり、今後彼のキャンペーンのHPにも政策を記載し、トランプはもっと政策を中心にしたスピーチを行なうと述べている。9月中旬に予定されている2回目の討論会では、もっと政策を語るチャンスがあるかもしれない。

トランプのこれまでの発言から、彼の政策の一部は漠然と理解されているが、詳細に欠けると言われている。しかし、色々語っていることは事実である。例えば、トランプの経済政策は(1)海外にアウトソーシングした米国の仕事を取り戻すことである。特に中国、メキシコ、日本からアメリカの雇用を取り戻すと言っている。 その為の二つの方法を提案している。1つは中国とメキシコに大規模な関税を課すことを主張している。2つ目はもっと良好な貿易協定を交渉することである。2011年の彼のキャンペーンのスピーチで、トランプはビジネスにおいて特に中国とメキシコに強固な政策を強調している。メキシコで生産され、販売するため米国に戻ってくるフォード車に35%課税し、中国から米国に入る製品に25%の関税を課すことを提案した。(2)最低賃金は現在の連邦法$7.25を維持し、引き上げに反対している。(3 )企業税および不動産税をゼロにすることも彼の構想である。

彼の外交政策の中で、イスラム国(ISISまたはISLI)に対する方針は他の多数の共和党とほぼ同様であり、直接戦場に兵士を派遣することを提案している。また、このイスラム過激派から石油を没収することを提案している。彼は10日MSNBCのモーニング.ジョーで「彼らは石油を持っているので、凄いお金を持っている。彼らはすべての場所に石油を持っているので彼らに打撃を与える」と主張している。トランプは、彼等の主な富の資源である石油を押収すると述べ、「その為にはブーツ.オン.ザ.グランド(兵士派遣)が必要である」と語った。また、国内政策で最も論争的な彼の移民政策は(1)メキシコと米国の国境に1,933マイルの長い超豪華な壁を構築する。(2)現在米国に在住している1,100万人の不法移民を追放することを提案している。1,100万人の不法移民を逮捕し、強制送還する為には推定2,000億から6,000億ドルの範囲のコストがかかるため驚異的な挑戦であると言われている。

トランプの医療保険政策はアフォーダブル.ケア.アクトまたはオバマケアを撤廃し、新たなヘルス.ケア.システムを構築することである。トランプは10年前、米国はユニバーサル.ヘルス.ケアが必要であり、カナダの単一支払者システムが理想的であると指摘した。ほとんどの政策では保守的であるが、この問題ではリベラルであった。現在、貧困者に必要なメディケイドのような医療システムには肯定的であるが、別のシステムで全ての国民が医療保険を取得する方法を考えると述べている。中絶問題に関しては、現在問題に直面している非営利団体のプランズ.ペーレンフッズに対して、トランプはほぼ全ての共和党候補者とは異なり、必ずしも融資を停止する必要はないことを暗示する発言をした。12日のABCニュースによると、トランプは大統領選に勝利した場合、個人の問題および女性の問題を検討すると述べ、プランズ.ペーレンフッズは「女性にとって適切で良いことをしている事は確かなので、その良い側面を見ていきたい」と語った。

彼のキャンペーン.マネジャーは現在政策を考案している為、今後トランプはもっと政策を語る機会が増えるはずである。中絶問題を含め、他多数の課題でライバルの共和党候補者とトランプの政策の違いを有権者がもっと明白に知るようになった時、彼の多くの政策がどれほど多くの有権者に支持されるかをもっと知る機会が増える。同時に 、「アメリカを再度偉大な国」にするスローガンを掲げ、主流派共和党に挑戦しているトランプは共和党大統領候補者として潜在的に指名される可能性があるかどうか今後更に判断できる機会が増えるはずである。

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。