アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2016 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

不動産業者の最新情報によると、住宅価格は上昇傾向である。WSJは、最近の米国の経済状況を見るポイントとして、 9月の金利引き上げの可能性、消費者価格、 製造業活動、住宅建設状況および中古住宅販売などを挙げている。住宅売り上げ数および中間価格は全米で上昇していることが最近報告されているが、住宅価格上昇は幾つかの点で問題があると指摘されている。

WSJによると、金利に関する確定的なことは不明であるが、連邦準備制度理事会(FRB)は9月に利上げを開始する可能性がある。圧倒的に多数の経済学者は、利上げの情報は近日中に発表され、10年ぶりに初めて金利が上がる機会が近づいていると予測している。消費者物価について、連邦当局は、彼らが利上げをする前に合理的および確信的なインフレは2%の目標に向かって移動していると述べている。FRBは製造出力は7月に上がったと報告した。住宅建設は過去数ヶ月間低迷ぎみであると報告されているが、全米不動産協会は13日中古住宅の7月の販売状況は好調であると報告した。不動産関係者は、 住宅全ての販売で中古住宅が購入の約90%を占めていて、下半期の経済成長を後押しするために役立つと期待している。

不動産ABCが14日に公表した地域別による住宅販売の最新情報によると、住宅売り上げは全米で増加し、北東部と中西部州で最強の利益があった。北東部州(コネチカット、メイン、マサチューセッツ、ニューハンプシャー、ロード.アイランド、バーモント、ニュージャージー、ニューヨーク、ペンシルベニア)の住宅販売戸数は5月690,000戸から6月には720,000戸に増加し、4.3%上昇した。これは前年に比較すると12.5%の上昇である。中西部州(イリノイ、インディアナ、アイオワ、カンザス、ミシガン、ミネソタ、ミズーリ、ネブラスカ、ノース.ダコタ、オハイオ、サウス.ダコタ、ウィスコンシン)では127万戸から133万戸増加し、4.7%の上昇があった。これは2014年6月から12.7%の上昇を示している。南部州( アラバマ、アーカンソー、ケンタッキー、ジョージア、テネシー、ノース.キャロライナ、メリーランド 、バージニア、ジョージア、サウス.キャロライナ、ミシシッピー、ミズーリ、メリーランド、デラウェア、ルイジアナ)での売り上げ戸数は5月の215万戸から220万戸で2.3%上がり、1年前より7.3%上昇した。西部州(アラスカ、アリゾナ、カリフォルニア、コロラド、ハワイ、アイダホ、モンタナ、ネバダ、ニューメキシコ、オレゴン、ユタ 、ワシントン、ワイオミング)では5月に121万戸から124万戸に上がり、2.5%の上昇があった。昨年と比較すると、8.8%上昇した。

全米の一戸建て住宅価格は昨年から上昇しているようであるが、全米不動産協会の資料に基づく不動産ABCの分析によると、一ヶ月毎の推移を示す過去2年間の住宅中間価格は平均的に約20,000ドル上昇しているようである。従って、総体的に米国の住宅中間価格は2年の期間に約200,000から約230,000ドルに上昇したことを示している。北東部州は約260,000から270,000ドル、中西部州は約160,000から180,000ドル、南部州は約180,000から約200,000ドル、西部州は約280,000から約300,000ドルの上昇があった。

最近の住宅価格上昇傾向は幾つかの理由により、必ずしも安定した経済徴候を反映していないとの評価もある。17日のニューヨーク.タイムスによると、最近の住宅価格は特に地元地域の住宅価格のパターンに問題があることを示唆している。個人所得および経済基本要素に沿って上昇していることは安定性の傾向である。しかし、住宅価格が収入と並行して増加していることは 「より安定した成長パターン」の回復がある事を示唆しているが、バブル前に数十年続いた住宅市場が「再び経済の動力になるという意味ではない」と指摘している。その理由は(1)数百万人の住宅所有者は、家の価値より住宅ローンによる負債額が多いアンダーウォーターの状況下で生活している。(2)このような住宅ローンの負債は、経済危機で最も影響を受け、現在もまだ経済が回復していない地域に住んでいる住宅所有者は、過去の損失を超えた経済成長を達成することは不可能であり、支出、移転、富の構築の機会はほとんどない。(3)賃金が停滞している為、所得格差が問題である。特に、健全な経済状況で初めての潜在的購入者である多くの労働者にとって 、家の購入はまだ手の届かないところにあるとし、住宅ローン条件の変更や債務救済の積極的な介入などが必要であると指摘している。

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。