アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2016 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

オーストリアに向けてハンガリーを発つ人達

シリア、イラクなどの戦争地域から圧倒的に増えている亡命者数は第二次世界大戦以来最大の規模である。ハンガリーで行き止まりになった人達は週末、ほとんど歩行で移動し、オーストリアの国境にたどり着き、6日にドイツに到着した 。ローマ法王は全てのヨーロッパ諸国が亡命者の住まいを提供するよう呼びかけた。一部の政治家およびメデイアは世界で最も豊かな国である米国がもっと積極的に人道的救済をするべきであると指摘している。先週3歳男児の遺体がトルコの海岸で発見されて以来、亡命者の危機はグルーバル的な問題として注目されるようになった。米国は現在の難民問題にどのような取り組みをしているのか?

ドイツは現在どの国よりも寛大であり、今年80万人を受け入れることを予期している。6日のロイターによると、数千人のほぼシリアからの亡命者はハンガリーからオーストリアを経由して日曜日にドイツに到着した。彼等はブタペストからオーストリアの国境に向かう途中で雨に遭遇しながらも170Km (110マイル)の距離の歩行を続けた。引き続き、沢山の人々がドイツに到着することを目指し、前代未聞の逃亡の行進が続いている。疲れきった移民を迎えるため、食料と水を満載した約140の車を積んだ船がウィーンを出港した。他のEUの中には、中東での暴力の解決に取り組むことを強調する国もあるという。

オーストリアの国境に向かって歩いている亡命者

寛大なドイツに暖かく迎えられ、涙ぐむ人達もいたという。しかし、反イスラム感情がある国との間でEU国は完全に二分されているため、ドイツには移民の数が膨大する可能性がある。ローマ法王フランシスはヨーロッパの全カトリックに対して、亡命者に避難所を提供するよう呼びかけた。6日のAPによると、フランシスは日曜日、バチカンのサンピエトロ広場で、ハンガリー当局が数日亡命者の移動を阻止した後、オーストリアに到着した 圧倒的な難民の国外脱出のニュースに反応し、「全ての教区、宗教地域社会、修道院および聖域は一所帯が最低一人の難民を受け入れるよう呼びかけ、カトリック教徒に対する人道的救済を広範に実施することを求めた。フランシスは「戦争と飢餓による死から逃れ、また生きる希望への道に向かっている数十万の難民の悲劇に直面し、最も放棄された人々の隣人であり、彼等に具体的な希望を与えることを私たちに福音は要求している」と述べた。

ドイツに到着し歓迎を受けている亡命者

最近知名度が上がっているNBCニュースのキャスター、クリス.ヘイズはトルコの海岸で3歳男児の遺体が発見され、世界に衝撃を与えたニュースが報道された直後、劇的な展開になっている現状で、米国はなぜ亡命者に積極的な対応をしないのかと指摘し、2016年の大統領候補者は全員、亡命者に対する彼等の立場をすぐ明白にするべきであると力説した。また、民主党の大統領候補者の一人であり、メリーランド州元知事のマーティン.オマリーは4日、強力な難民救済を呼びかけ「アメリカ人は寛大で、思いやりのある人々です。しかし、今日我々の政策はこれらの価値を落としています。米国は来年、少なくとも65,000人のシリア難民を受け入れるため、私は難民機関からの人道的要求を支持します」と述べた。

ドナルド.トランプは4日のモーニング.ジョーとの衛星放送インタビューで「現在ヨーロッパは亡命問題でかなり過酷な状態であるが、米国はシリアやイラクからの難民を受け入れるべきか」と聞かれ「多分、そうだと思うが、米国は19兆の負債があり、国は崩壊しているので自国には問題がある」と述べた。トランプは 自国が抱える深刻な問題から解決しなくてはならないと指摘し、不法移民問題を優先的に解決するべきであると示唆する発言を繰り返し強調した。

クリスの発言は、米国が難民の受け入れに消極的である印象を与えているが、現在殆ど寛大に難民を受け入れているドイツに比較すると、当然そのような批判もあると思われる。なぜなら、今後80万人を受けいれると言われているドイツに比較して、米国はこれまで3,000人を受けいれただけに過ぎない。来年は更に8,000人増やす予定であるが、米国は、国土面積が遥かに小さいドイツに比較して、受け入れ人数が少なすぎるとクリスは批判している。ちなみに米国の人口は約 321,605,000 、国土面積は約9,857,300 km である。一方、ドイツの人口は81,083,600、国土面積は約357,170 km2である。

しかし、現実はどうなのか? 国務省2015の報告書によると、米国はシリアからの亡命が始まった時から既に20億ドルの人道的援助を提供し、どの国より経済的支援を行なっている。また、2014年にはシリアだけで2,500人の亡命者を受け入れ、2007年からこれまで米国に移住したイラク人は105,000人である。この報告書によると、2014年6月20日に記載されたオバマ大統領のメモは、2013年に米国が世界の各国から亡命者を受け入れた合計数は70,000人である。2015年も引き続きシリアからの亡命者はもっと増えることが予測されている。いずれにしても、最近のヨーロッパの人道危機に照らし、米国の2016年の難民受け入れは、最も危機に直面しているシリアからの亡命者数を増やすか、または、亡命中の死者、特に子供の死亡を減少させる為の緊急措置について、どのように米国が欧州の人道的危機に対処するべきであるかを論議する必要がある。残念ながら、共和党大統領候補者はイラク戦争を引き起こしたブッシュの責任を棚に上げ、2012年1月以降、イラクに駐留していた米軍を退去させたオバマ政権を批判することで、むしろ当時国務長官であったクリントンにプレッシャーをかける可能性の方が高い。

 

 

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。