アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2016 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

PPへの融資停止を要求する活動家たち

米国には、歴史的に根強い社会問題が幾つかあるが、現在、特に紛争が激化しているのが中絶問題である。現在、夏休み休暇中の上院および下院の議員達は15日に議会に戻ってくるが、彼等の最初の任務は9月30日までに政府に運営資金を提供するための融資継続 (CR)法案を通過することである。共和党一部の過激派は、中絶を含む女性の健康問題に取り組んでいるプランズ.ペーレンフッズ(PP)に対する融資停止を強固に要求している為、ほぼ全ての政府業務は10月1日に閉鎖される可能性がある。多数の共和党議員の煽動により、複数の下院委員会はPPを解体することを狙い、今日一方的な聴聞会を開始した。

2013年10月、テッド.クルーズを含む複数の共和党極右派はオバマケアの融資停止を要求し、政府閉鎖に成功した。それ以来、政府に融資を提供する立場にある共和党支配下の議会は、中絶から軍事費に至まで、党派的政策を押し通すための手段として政府閉鎖を脅かしている。特に、プロライフ.グループの活動家はPPに対する融資停止を要求し、下院議長ジョン.ベイナーを含む特定の政治家にも政治的圧力をかけている。オバマ大統領の元予算委員長であり、元議会予算局長であったピーター.オザッグはCNBCのインタビューで、通常、短期的に予算を提供するためのCR法案の対処は、保守派がPPに対する融資停止を強く押しているため複雑になっていると語り、政府閉鎖の可能性は少なくとも50%あると語った。他複数の政治関係者は、政府閉鎖の可能性はもっと深刻な状況であると判断している。

下院司法委員会は9日、PPに対する一連の議会での聴聞会を開始した。中絶に反対するグループがPPの胎児組織を販売しているとの印象を与えるビデオを公開した為である。その内容の信憑性には関係なく、複数の共和党議員はPPへの融資を停止したい為、場合によっては政府を閉鎖すると脅している。下院共和党は3つの委員会を利用し、PPに対して徹底した調査をすると公表し、多数の調査事項を提起した。共和党がPPに対して提起している疑問は (1)中絶を提供しているPP は胎児組織の販売から利益を得ているか?(2)胎児組織の採集を最大限にするため手順を変更したか?(3)胎児組織が寄付されたとき十分なインフォームド.コンセントを与えたか?(4)連邦法に違反したか、連邦法はこれらの「野蛮な行為」を十分に禁止したか?(5)これらの「恐ろしい行為」に更なる対応をする為に必要な議会の行動は何か?(6)この慣行について司法省は何を知っていたのか、またこれらの行為を防止する法律を適切に行使していたか? などである。

上記一部の質問は、法律に従い、胎児組織を研究機関に提供し、保管や寄付に伴う経費だけを受理していたPPの活動を「恐ろしい行為」と表現し、PPが非合法に胎児組織を採集しているとして、犯罪者扱いしている事を示唆している。議会の調査は全く信憑性がない虚偽の主張や ビデオに基づいたものであり、下院委員会による一方的な聴聞会のドラマは全て 25人以上の気違いじみた共和党議員が煽動したものである。彼等はこの聴聞会のタイトルを「プランズ.ペーレンフッズを暴露:国家一流の中絶提供者の恐ろしい中絶慣行を調査する」と掲げている。大多数の議員より歴史の長いPPが利益のために胎児組織を販売していないことは常識的に知られているにも関わらず、公平であるべき委員会は最初から一方的にPPを攻撃する意図があることを示唆している。

PPは、同組織を陥れる為、ビデオは編集されたものであり、真実を反映していないと主張しているが、保守派の狙いはこの機会に中絶を減少させることを目的としている為、一部の民主党はこの聴聞会は時間の無駄であると指摘している。なぜなら、予算と赤字削減を強調する共和党は、PPを解体させることで予算の削減と中絶減少の一石二鳥を果たすだけでなく、党派の政治的イデオロギーを強化することが可能になるからである。主流派のジェブ.ブッシュさえ8月4日の宗教団体の会合で、女性の健康問題に5億ドルも使用する必要があるかどうか不明だと発言した。これは彼が、PPに対する連邦政府の融資に必ずしも同意していない立場であることを暗示している。従って、通常のCR法案に正常なプロセスを経て常識的に取り組むことより、政府を閉鎖に追い込む結果になっても、党派のイデオロギーを強固に押し通す一部過激派の非民主的行動が共和党内の分裂の要因である。しかし、PPがターゲットになっている中絶問題は、社会保守派の動きが根強いことを示唆する驚異的な風潮である。

 

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。