アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2016 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

議会の最新の動き

ホワイトハウスの支出計画担当者、下院議長ジョン.ベイナーおよび下院少数派リーダーのナンシー.ペロシを含む複数の両党のリーダーは26日夜半、画期的な予算交渉を成立させた。 ベイナーは9月25日に辞職を表明した時、彼の後継者に「奇麗な納屋」を残したいと述べていた為、最後の良い仕事として、また政府閉鎖や債務不履行を避けるため、民主党が受け入れるクリーン予算法案を通過させたい意向があった。今日投票を押し進めているが、圧倒的に大半の共和党は、何の条件も含まれていない法案に反対している。下院議会は28日午後 、条件付きで下院議長に立候補することを表明していたポール.ライアンを後任者に指名した。明日の下院議会全体の投票で、彼は正式に次期下院議長に任命される可能性がある。しかし、民主党の意向次第で状況は変わる。

両党の代表者が合意した144ページの予算案は(1)2017年3月まで負債限度を上げる。(2)2017年9月まで政府に融資する。(3)今後2年間で支出を800億ドル増加する。(4)国防総省および国務省の緊急海外運営資金に320億ドル増加する。(5)社会保障障害者プログラムに対する削減をせず、維持可能な方法が考慮されている。(6)医師や病院への支払いを削減することでメディケア受益者が多額の支払いをする必要がないよう工夫され、病院側より、メディケア受益者を保護している。ライアンは27日、CNNのインタビューで「プロセスは悪臭があります」と述べ、少数の代表者だけの交渉で成立した過程が嫌いであることを示唆した。

下院議長の後任者になる可能性が高かったライアンは先週、分裂した下院議会をまとめる事が出来るなら議長選挙に立候補すると述べ、40人の下院自由部会(HFC)はライアンを支持しなくてはならないと主張した。ライアンはHFCのメンバーと個人的に会ったが、ライアンを支持すると公表したHFCのメンバーは数名であったと報告された。共和党は今日午後、議長を指名するため限られたメンバーとの会談を行った。ライアンはHFCが後援しているダニエル.ウェブスター(フロリダ)と競ったが、下院議会共和党の投票により247票中200票を獲得し、指名が確定した。下院議会全体の投票は明日午前中実施されるが、この投票には218票が必要である。問題は何人の民主党がライアンを支持するかである。 幾人かの下院共和党議員は218票以上を獲得できると予測している。従って、ベイナーが現職に留まることを望んでいる民主党はライアンに投票しないと思われるが、総体的に多数の支持で、明日正式に次期下院議長に任命される可能性がある。

ライアンが就任した場合、この予算に反対するHFCメンバーの圧力に直面することは必然的である。なぜなら、ティーパーティに後援されているHFC議員は支出を削減し、社会保障やメディケアをスクラップすることで歳入を増やし、富裕層に減税することを目指している為、これらのメンバーは成立した法案に反対すると言われている。また、プランズ.ペーレンフッズに融資を停止することや、米国内国歳入庁及び環境庁などを廃棄したい方針である為、ライアンは HFCに様々な難題を提起される可能性がある。派閥のある党の議長職は最も至難であるが、ライアンは2013年に超党派の予算交渉を成功させた経験を活かし、HFC議員のような極右派と主流派共和党間の良き調整役となり、両党間の交渉を順調に運ぶ潤滑油の機能を果たすことが可能であるかどうかについては疑問符がついている。

成立した予算交渉は、最近ワシントンでほとんど見られなかった超党派の妥協の結果であり、過去7年間のオバマ大統領就任中で最も良識的な予算案である。オバマ大統領は、予算案について「将来計画することが可能になる」と述べた。HFC議員は党派の主張のみに固執しているが、現在および将来的に人口増加や高齢者の増加、気候変動に伴う緊急支出、グローバル的なテロの脅威への対処に伴う膨大な支出を考慮すると、財務強硬派が主張しているような経済政策はバランスを維持することが不可能になる。むしろ、増税し支出を増やすことが必然的になっている現在、時代の推移に適合した経済政策が何であるかを理解し、国の経済感覚に最も優れたリーダーが求められる。今夜三回目の討論会で共和党候補者がそのような真摯な論争を展開することは期待されていない。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。