アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2016 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

近年、米国白人中年の自殺および薬物乱用含む死亡率は他のどのカテゴリーのグループより驚異的に高いことが報告された。研究者は白人中年グループが前代未聞の自殺および他の要因により死亡している現状を伝えた。また、教育レベルは不健康や財政難と何らかの相関関係があり、死亡率の増加は肉体的苦痛を訴える率の増加と並行して上昇している事も発見した。

米国科学アカデミーに出版された研究結果に基づく2日のニューヨーク.タイムスの報告によると、米国白人中年の死亡率は、他の年齢、人種、民族、他の豊かな国に比較して近年高いことが判明した。この研究は疾患対策予防センターのデーターを分析したプリンストン大学の経済学者によるもので、一人は先月経済学ノーベル記念賞を受賞したアンガス. ディートン及びアン.ケースの2名である。死因は薬物乱用、アルコール性肝疾患、ヘロインと処方オピオイドの過剰投与からの苦痛による自殺であり、一般的な死因である心臓病などによる心臓発作ではないと結論づけた。そのような死亡率の最も高いグループは教育水準の乏しい白人中年であると分析している。1999年から2014年までに45歳から54歳で高卒レベルの白人中年の死亡率は10万人中134人から415人に増加した。黒人中年の死亡率は10万人中 581人でまだ白人より高いが15年前に比較すると、このギャップは接近している。一方、ヒスパニック系中年の死亡率は白人中年より遥かに低く10万人に262人である。ペンシルバニア大学の社会学教授であるサミュエル.プレストンは「これは何かアメリカの家庭に歪みがあることを鮮やかに表示している」とコメントした。

研究者は痛み、障害、一般的な病気に関する連邦政府の調査データー、自殺と幸福度の統計、不健康状態などを分析した。幸福レベルの高い状態が自殺率の低さになるかどうかには懐疑的であり、実際その反対が真実である事を発見した。全国データーの分析から発見したことは米国の白人中年は「前代未聞の高い率で自殺しており、このグループの全ての死因による死亡率が上昇した」ことを発見した。研究者は自殺だけでは全体的な死亡率を押し上げるには十分ではなかった為、他の死因に注目したところ、このグループに薬物やアルコール中毒による死亡が増加した事を発見した。彼らは自殺、薬物、およびアルコールが総体的に死亡率を増加させる要因であると結論を下した。

彼らの発見の要点は(1)高卒またはそれ以下の教育レベルの白人中年グループは22%死亡率が上昇した。(2)なぜ白人中年の死亡率がそのように高いのかその理由は明確ではない。しかし、多様な要因が考慮されるが、白人中年グループはオピオイド薬の処方とその誤用において顕著な人種の違い、および彼等の将来の財政状況に対してもっと悲観的である。(3)不健康な側面から調査し、若い世代や高齢世代と異なり、白人中年グループは過去より近年において、もっと肉体的痛みがあることが報告された。このグループの1/3は2011年から2013年の期間に慢性的関節痛があり、 7人に1人は坐骨神経痛があったと報告された。(4)教育レベルの低い人ほど最も肉体的痛みがあり、最悪の総体的健康状態が報告された。(5)教育レベルの低い人ほど最も財政難を経験している。二人の研究者が分析している期間、高卒レベルの世帯主のインフレーション調整済所得は19%減少した。(6)精神疾患の問題を抱える白人には社交が困難であり、労働できないと訴える白人中年の数が増加し、痛みが報告された数の増加と社交、買い物、約100メートル程度の短距離さえ歩行が困難であると報告された数は一致していることを発見した。(7)白人中年の死亡率増加は、痛み、不健康および苦痛の増加の報告と並行して上昇した。

結論として、全米科学アカデミーに出版されたこの研究は人種別および年齢別による死亡率の比較を提供していないが、45歳から54歳までの白人男女で学歴レベルのさほど高くないグループに健康および経済問題が多く、自殺を含む死亡率が高いことを報告している。つまり、最も人口率が高い白人の中で、特にこの中年白人グループの死亡率は最も増加していることを伝えた。また、その死亡率増加の要因は薬物乱用や自殺である事を説明し、この状況は世界のどの先進国に比較して、特にこのグループの寿命が短いこと、精神疾患および薬物やアルコールの乱用が寿命を縮めていることを示唆した。ペンシルバニア大学のプレストン教授は、50歳以下の死亡率、および50歳以上の死亡率に関する2つの研究論文において、米国は平均寿命の改善分野で、他の先進国より遅れていることを指摘した。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。