アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2017 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

2015年11月12日 のアーカイブ

強制送還のルーツと移民法論争の再燃

巡回裁判所は9日、オバマ大統領が2014年に発令した大統領令による移民法を却下した。一時的な処置として、1,100万人の合法的書類のない移民(不法移民)に強制送還を停止する為の法律であるが、オバマ政権は10日、最高裁に上訴する考えを表明した。10日夜ミルウォーキーで開催された共和党討論会では、ドナルド.トランプがこの判定を賞賛したことから、移民法の論争で衝突する場面があり、複数の共和党候補者はトランプの強制送還政策に対抗した。移民政策ではGOP(共和党)内で意見が分かれているが、ヒラリー.クリントンは11日、トランプの移民政策は非人道的であると批判した。トランプはその直後、人道的に強制送還できると主張し始めた為、 移民法論議が再燃している。トランプの強制送還は、否定的な歴史の一例と見られている1950年代アイゼンハワー政権下で実施された強制送還作戦を手本にしている。 (さらに…)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。