アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2016 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

人口密度の高いニューヨークでは毎年恒例の感謝祭パレードが開催されている。警備が強化され、大勢の観客で混雑しているようである。ホワイトハウスでは侵入者が逮捕されたが、オバマ大統領は今日、短い異例のメッセージを国民に伝えた。

テロ攻撃を懸念しながらも、感謝祭で家族に会うため空の旅行をキャンセルした人も少なかったと言われているが、89回目を迎えるメイシーズ主催の恒例のパレードも、数百万人の観客で賑わっているようである。テロ攻撃の脅威はなく、記録的に多数の警察が各地をパトロールしている事に加えて、厳重な警備体制が敷かれたことをアピールし、観客に安堵感を与えたと伝えられている。

一方、ホワイトハウスに侵入者があったと報告された。オバマ大統領の任期中、過去にも数回同じようなエピソードが報告されているが、CNNによると、感謝祭の26日ホワイトハウスの北側芝のフェンスから飛び越えて侵入した男性はシークレット.サービスに逮捕された。身元は公表されていないが、オバマ大統領の家族は感謝祭を祝っている時であった。男性が侵入した場所は最近、フェンスを飛び越える動作を抑止するため7インチのスチール.スパイクを装備したばかりであるという。警察犬を伴い、銃で武装した複数のシークレット.サービスは侵入者を直ちに取り押さえたようである。また、CNNの ジャーナリストはこの現場を目撃し、ブルーのシャツと白いズボンの服装の男性は封筒を持っていたという。何が目的で侵入したのか現在報告されていない。

オバマ大統領は今日、米国民に感謝祭を祝うメッセージを送り「1620年に母国の地で迫害や暴力を逃れ難民になった小さな巡礼者のグループがメイフラワーでこの大陸に来ました。約400年後、私たちは、アメリカの物語中の一部を覚えています。私たちはその時、彼等を援助した男女を称えました」と語った。また、メイフラワーに遡る家族歴を持つフロリダの女性から受理した手紙を紹介し、「他人を歓迎する事の一部はそれがアメリカ人であることを意味する」と書いてあったと述べた。また、「メイフラワー出航後、ほぼ4世紀が経過した現在、世界はまだ何よりも自分自身と家族のため、より安全でより良い未来のチャンスを望んでいる男女の巡礼者で溢れている」とし、この地球上で最も偉大な国にする事の一つは「思いやりと配慮の価値」であると語った。

オバマ大統領は メイフラワー号で最初にアメリカ大陸に到着した人々は難民であり、米国の歴史は難民から始まった事を強調した。また、一部のアメリカ人は、シリア内戦およびISISの恐怖から逃れてくる人々を彼らの家に迎える意志があることを伝え、寛大さと思いやりが米国の精神であることを強調した。難民拒否を表明する知事が増え、現在30以上の州が難民受け入れに難色を示している。オバマ大統領は、あまりにも多数の政治家が難民問題で薄情な意志を表明している現状を悲観する異例の感謝祭メッセージを伝えた。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。