アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2017 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

2015年11月27日 のアーカイブ

パリ攻撃後のイスラム教徒に対する憎悪犯罪の増大

反イスラム.グループ

米国では毎年、人種、宗教、および同性愛者など特定のグループまたは個人をターゲットにした暴力犯罪が頻繁に発生している。銃による襲撃、物理的破壊、オンラインでの恐喝を含む憎悪犯罪が急増している。特に、13日夜半に起きたパリのテロ攻撃後はイスラム教関連の複数の寺院がターゲットになっている為、イスラム関係協議会はイスラム教徒に対する偏見を煽る一部の大統領候補者を含む政治家に警告している。テキサス州では、イスラム教寺院の外側で過激な反イスラム.グループがアサルト銃を保持し、抗議活動に参加するなど喧騒的である。 (さらに…)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。