アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2017 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

12月, 2015 のアーカイブ

2016年の政治および経済的予測

政治的に2015年は極右派台頭の年であった。社会的には暴力が目立ち、米国の異常気象は益々気候変動の顕著な影響を露呈した。現在トップ.ランナーのドナルド.トランプは2016年には大統領選の選挙キャンペーンを辞退すると予測されている。経済的には、米国多数の州でマリファナを合法化する為、税収が増えオイル価格は更に低下するが、ソーラー.エネルギーの使用率も増えると推測。更に、2016年の世界経済成長は減速傾向になると予測されている。 (さらに…)

パリ攻撃の首謀者を含む多数のISIS主要リーダーを打倒

国防総省は 29日、11月13日夜のパリでのテロ攻撃で130人が死亡した事件に直接責任のあるISISリーダーを含む主要人物10人を殺害したと報告した。28日、イラク軍はISIS(イスラム国またはISIL)に長く占領されていたイラク西部ラマディを奪回したと報告されたが、この日は同盟国との共同作戦において複数の場所で遠隔操縦を行いISIS多数の建物および兵器を破壊したことも判明。またペンタゴンの報道官は12月の空爆作戦で、10人の主要人物も空爆戦略で殺害したことを報告した。オバマ政権の「徐々に弱体化し、究極的に破壊する」ISIS戦略は功を奏でていることを示唆している。 (さらに…)

主なISIS戦略である空爆戦の事実

イラク西部ラマディ

28 日イラク軍はイスラム国(ISIS、ISIL)に占領されていた主な都市を取り戻した。これは米軍の援助による成果であるため、イラクでの軍事作戦が機能していることを意味する。ISIS に対する主な戦略はドローンと呼ばれる無人機による空爆であるが、オバマ政権は空爆戦略に関して詳細な事実を伝えていない。シリアとイラクでの空爆について追跡調査を実施している組織は、空爆の回数、米国と同盟国の空爆回数の比較、市民の被害件数などを含む空爆戦略に関する全ての記録を公表した。これらは全て、一般の国民がほとんど知ることのない驚くべき統計的事実である。 (さらに…)

避難所運動の歴史的背景

中米の政治的混沌および暴力犯罪の恐怖から逃亡し、米国に不法入国する同伴者のいない子供達の数は2014年にはピークに達した。そのような子供達は公正な裁判を受ける機会を与えられたが、クリスマス前、移民税関執行(ICE)と国土安全保障省(DHS)は裁判を通して長期および永続的滞在を認可されなかった子供および家族の強制送還に踏み切る計画を公表した。この発表を受けて、教会は強制送還の対象者の為にドアを開放する方針があることを公表した。中米の紛争から逃れて入国する難民に避難所を提供する政治的および宗教的キャンペーンの歴史的背景を無視することはできない。 (さらに…)

エルニーニュ影響による冬の異常気象

今年は、エルニーニュの影響で米国多数の地域は高温に恵まれ、特に東部および北東部地域は例年になく暖かいクリスマス.イブを迎えている。ニューヨークでは、多数の人々がアウト.ドアの活動を満喫している一方で、南部地域の一部では壊滅的な竜巻が発生し、少なくとも10人が死亡したと報告された。幾つかの点で今年は例年より異なる気象状況である為、人々の反応は複雑である。 (さらに…)

米国の飢餓及びホームレスの現状と主な要因

多数の都市で緊急食糧と緊急非難所の需要が増加したと報告された。緊急食糧の需要はホームレスよりむしろ、家族所帯が大半であり、就労者である。見放される人達も存在し、調査対象となった20以上の都市の飢餓及びホームレス対策は需要に対して供給が追いつかない現状である。飢餓とホームレスの主な原因は明白であるが、それらの問題の解決に十分取り組んでいないと思われる州の指導者の政策にも一部密接な関係があると思われる。連邦および州政府で、労働者より企業の利益を優先する共和党にも一部責任がある。 (さらに…)

トランプは米国人の恥?

6週間後、アイオワ州で最初の大統領選の党内選挙が始まる。この選挙で同州各党の有権者は大統領候補者をそれぞれ指名する必要がある。ドナルド.トランプはそのような党内選挙での対抗で他の共和党大統領候補者に勝利する可能性があるが、最終的な総選挙での対抗ではヒラリー.クリントンに勝利する可能性はない。また、22日公表された別の新たな調査で、米国民の半分はトランプが自国の大統領になることを恥であると思っていることが判明した。トランプがクリントンおよびバーニー.サンダースと対抗した場合、大統領になる可能性はほとんどないが、現在トランプに接近しているテキサス州の米国上院議員テッド.クルーズ 、および3位のランクに上昇したフロリダ州の米国上院議員マルコ.ルビオはクリントンおよびサンダースの強敵になる可能性がある。 (さらに…)

世界の商業機爆破の歴史

1988年12月21日は世界の航空史上、衝撃的で壊滅的な爆破事件が発生した日である。この日、ロンドン発ニューヨーク行きパン.アメリカン航空103便はスコットランドのロッカビーの空上で爆発した。単なる事故だったのか、テロ攻撃だったのか、または誰かが爆発装置を仕掛けたのか、事故直後様々な憶測が錯綜した。その後、一般的アメリカ国民はテロ攻撃だと思い、法務執行当局は報復の可能性を疑った。真犯人と動機が判明するまで10年以上が経過したが、ある日、一人の男性が偶然確定的な証拠を発見し、事件は劇的な進展があった。飛行近代史のグルーバル的航空機爆破事件の記録はどうなっているだろうか? (さらに…)

アサド政権交代の論議で孤立したクリントン

2015年12月19日第三回民主党討論会

ABCニュース主催による第三回目の民主党大統領候補者の討論会は、昨夜東部時間午後8時からニューハンプシャーで開催された。元国務長官ヒラリー.クリントン、バーモント州の米国上院議員バーニー.サンダース、元メリーランド州知事マーティン.オマリーの三人は白熱する論争を展開した。主な外交政策の優先課題は安全保障問題、テロリズム、および過激派イスラム国(ISIS、 ISLI)に対する戦略であった。イスラム教徒の入国禁止、大統領としてどのようにテロリストを探すのか、ISISとの戦いとアサド政権交代のどちらを優先すべきか、混沌たるシリアでの飛行禁止空域の是非など様々な問題が提起された。クリントンはシリア大統領バッシャール.アサドの政権交代について、サンダースおよびオマリーと著しく立場が異なり、サンダースの厳しい非難に直面したことが印象的であった。 (さらに…)

風邪の神話と真実:インフルエンザとの違い

風邪ウイルス(左)、インフルエンザ:タイプAウイルス

米国では3人に1人が風邪を引くと言われている。風邪ウイルスは毎年性質が異なり、感染の影響も人によって異なる。風邪と季節インフルエンザは症状が似ているため、深刻さに気付かない場合もある。最悪の場合、死に至るケースもある。従って、インフルエンザの予防接種を受ける人が多い。予約は必要なく、薬局で簡単に受けられる点が便利である。また、風邪には様々な神話があるため、健康を維持するためには正しい知識が必要である。 (さらに…)

ライアンは超党派のクリーンで公正な予算法案を成立

下院および上院はいずれもオバマケアを撤廃する条件付き予算法案の制定を試みたが、いずれも同じ法案ではない為、その後進展はなかった。元下院予算委員長、現在下院議長であるポール.ライアンは昨日両党の代表者が予算交渉を成立させたことを発表した。これは、オバマケアの撤廃やプランズ.ペーレンフッズ(P.P)への融資を停止することを条件に政府閉鎖を脅かすような両院が試みた党派的な予算法案ではなくクリーン(清浄)な継続法案である。ライアンが中心となって、他の共和党および民主党代表者と超党派の予算案を交渉し、成立させたものである。下院議長就任後、ライアンは初めてオバマ大統領も満足する最初の大きな成果を示した。なぜ、これが公正な法案であると言えるのか?ライアンがジョン.ベイナーの後継者になったその意義は、就任後の彼の言動がある程度示唆している。 (さらに…)

安全保障とテロリズムの外交政策に集中した共和党討論会

第五回共和党討論会  Photo: By CNN

15日東部時間午後9時からラスベガスで開催されたCNN主催による第五回共和党討論会は外交政策が中心であり、主に安全保障とテロリズムの話題に集中した。メイン.ステージに立った9人の共和党大統領候補者に提供された課題はISIS戦略、米国国家安全保障局(NSA)のデーター収集、イスラム教徒問題など白熱した論議が展開された。中東問題では、過去の政権交代およびシリアの内戦でアサド政権交代に関与することの是非が論議された。不動産王ドナルド.トランプとフロリダ州の元知事ジェブ.ブッシュは感情的口論を展開する場面があった。また、フロリダ州の米国上院議員マルコ.ルビオ、テキサス州の米国上院議員テッド.クルーズ、ケンタッキー州の米国上院議員であるランド.ポールは、NSAのデーター収集プログラムに対する立場の違いを批判し合う場面もあった。 (さらに…)

大統領選最優先課題は国家安全保障とテロリズム?

今朝、米国で最大の都市であるロスアンゼルス(LA)およびニューヨーク市(NYC)の学校区はいずれも 爆弾の脅威があるとの全く同じ脅しメールを受理したが、2つの都市の法務執行当局は全く正反対の決断を下した。同じ電子メールでの脅しに対して、なぜ全く異なる反応と行動が展開されるのか疑問が提起されている。先月パリでの多発テロ攻撃及びカリフォルニア州サンバナディノでのテロ攻撃後、米国ではテロ行為の恐怖が高まっている。2016年の大統領選は国土安全保障およびテロリズムが有権者の最大の関心になったと言われている。 (さらに…)

カーボン排出量削減は義務の時代?

パリで開催された気候変動サミットで196カ国は 13日間の交渉を続け、12月12日歴史的な協定に同意した。この協定は今後数十年維持し、これらの国は官民一体となってグローバル温暖化に対処しなくてはならない。世界は二酸化炭素排出量を減少させることが義務になる時代が到来したとの希望もある反面、期限設定が悠長であり、目標を達成しない国に対して罰則がないなど、強い公約条件が不足しているため、このような協定に進歩を期待できるのか、または実行可能であるかどうかを懸念する側面もある。それらの合意の主要点は何か? (さらに…)

共和党主流派がクリントンの勝利を恐れる理由

Hillary Clinton, Donald Trump, Bernie Sanders will be guests on late ...

ドナルド.トランプによる反イスラム教徒発言後、初めてテッド.クルーズはわずかな差でトランプを追い越した為、トランプは転換期を迎えた可能性があるものの、彼の地位はまだ揺るぎない。注目すべきことは、民主党大統領候補者三人の中で二番目の支持率を維持しているバーニー.サンダースは、実は共和党候補者の中でほぼトップ.ランナーであるトランプより常に支持率が高い。特に若い世代は圧倒的にサンダースを支持している傾向がある。総体的な支持率の平均値から判断すると、民主党の投票率は共和党より遥かに高いと推定されている。様々な選挙現状は、なぜ共和党主流派がクリントンの勝利を恐れているのかその理由を明確にしている。 (さらに…)

共和党主流派は各方面から叩かれているトランプより混乱?

共和党大統領候補者ドナルド.トランプの論争的なイスラム教徒の入国禁止発言後、イギリスでは彼の入国を禁止する請願書運動を開始し、スコットランドは彼に授けた幾つかのビジネス関連の名誉を除去した。国内ではトランプをターゲットにしたハッカーが発生。発言の深刻さを反映したトランプに対する反発は日増しに高まっている。総体的に、米国大半のアメリカ人はトランプの差別的な政策を支持していないが、共和党支持者はイスラム教徒に対してミックスした感情があり、40%以上がトランプの提案を支持している。現在最も混乱状態にいるのは各方面から叩かれているトランプではなく、皮肉な事に彼を拒否している主流派の共和党である。 (さらに…)

最新報告:タバコ農業での児童労働搾取の実態

タバコ農業での児童労働の禁止運動は既に5年以上続いているが、相変わらず十代の子供達は危険なタバコ農業の労働に従事している。人権ウォッチ(HRW)は2013年に直接タバコ畑でインタビューした児童労働者の搾取の実態を2014年5月に報告した。今年もノース.キャロライナで多数の子供達および専門家とインタビューし、政府及びタバコ産業は未だに子供達を保護する措置を講じていない実態を報告した。昨年の報告から一年以上が経過した現在、特に健康上の問題において殆ど進歩はないため、HRWはニコチンが子供達の脳の健康に及ぼす影響を指摘し、危険な労働環境から子供達を保護する事を要請した。タバコ農業での児童労働状況は一部を除きほとんど改善がないようである。国際法及び米国の児童労働法はどうなっているのだろうか? (さらに…)

ファシストと呼ばれ始めたトランプは危険人物?

New York Daily News

ドナルド.トランプは7日、イスラム教徒の入国禁止を提案した為、主要メディアは彼が大統領候補を放棄する時が来たと宣言した。多数のイギリス国民はトランプのイギリス入国を禁止する請願書に署名した。トランプは他の共和党を極右派の方向に引きずっていると言われているが、複数の主流メディアはドナルド.トランプをヒトラーと比較するか又は現代版ファシストであると表現している。差別的、偏見的、および暴力的イメージのアピールが目立つため、非常にトランプが危険な人物であると非難している。ファシズムの特徴は何か、どのような点でトランプはファシストの特性があるのか? (さらに…)

トランプのイスラム教徒閉め出し発言に国内外の多大な反響

カリフォルニア州サンバナディノの襲撃事件の容疑者二人は大分以前から過激化していたことが判明した。同日、共和党大統領候補者のフロント.ランナーであるドナルド.トランプはアメリカ市民のイスラム教徒を含め、全てのイスラム教徒の米国入国を禁止することを提案した。この発言に対する反響は圧倒的であり、8日国際社会のリーダーおよび大多数の共和党は否定的なコメントを送りトランプの発言を拒否した。ホワイトハウスの報道官は、初めて公然とトランプは大統領としての資格がないと批判した。 (さらに…)

オバマ大統領はテロリズが新たな段階を迎えたと表明

オバマ大統領は6日午後8時、大統領執務室から米国民に対するスピーチを行なった。歴史的に、大統領が日曜日の視聴率が最も高い時間帯を利用して、大統領執務室からスピーチを行なう時は何らかの緊急事態であるか又は何かを懸念している時である。特に、パリでの多発テロに続き、カリフォルニア州サンバナディノでの襲撃事件後、国民の懸念は増加していると言われている。従って、オバマ氏はイスラム国(ISIS又はISIL)の脅威を必ず克服すると宣言し、テロリズムは新たな段階を迎えた事、テロリズムの脅威は事実である事を強調し、最新のテロ戦略も含め、オバマ政権が現在対処している幾つかの政策について初めて詳細に語った。 (さらに…)

テレビ視聴と認知能力の関係

冬休みの休暇は家族と一緒にテレビを視る機会が増える時期である。テレビの他にビデオ映画、ゲーム、携帯電話、インターネットなど日常的に通信及び視聴機器のスクリーンを視る機会は増えている。研究者は、座りがちなライフスタイルに加えて、運動不足は世界的な増加傾向であるが、これは健康上の有害な危険因子であると指摘している。 25年間の追跡調査により、テレビを長時間視る人はそうでない人に比較して、様々な知力測定テストに関する認知能力が貧しいことを指摘し、長時間のテレビ視聴と身体活動の低下は脳に良くない影響を与えることを示唆する研究を公表した。 (さらに…)

謎に包まれた襲撃者の動機

Syed Farook and his wife <b>Tashfeen</b> <b>Malik</b> destroyed all of their digital ...

カリフォルニア州サンバナディノ市で2日午前11時頃発生した大量殺戮事件から3日を迎えた今日、法務執行当局は、犯人の自宅捜査に加えて、容疑者に関する国内外の痕跡を捜査している。二人の個人的背景はある程度まで判明しているが、FBIおよび捜査当局は容疑者の一人である女性がISISを支持していたことを示唆する証拠を発見した為、テロリズムの可能性が高いと判断している。しかし、容疑者はいずれも過激派リストに明記されていない事に加えて、テロリストのグループに関与した形跡もなく、前例のテロ攻撃に見られる共通点がない為、謎が提起されている。 (さらに…)

異常で頻繁な銃襲撃が日常化している異常性

頻繁な銃乱射事件発生は異常であるはずだが、近年米国では通常のルーティンになっている。先週、コロラド州のプランズ.ペーレンフッズ(PP)のクリニックが襲撃を受け3人が殺害されたばかりである。最も銃規制が厳格なカリフォルニア州で昨日(2日)大量殺戮が発生し14人が死亡した。 動機は不明であるが、オバマ大統領はテロ攻撃の可能性もあるため、FBIが捜査を受け継いだことを発表した。下院議長のポール.ライアンはこの二つの事件後、精神病者の問題で修正するべきことはあるとのコメントを発表した。 (さらに…)

米国内で増加するISISの実態

現在ウッドロウ.ウィルソン国際センターの学者で2011年2月までカリフォルニア州の民主党米国下院議員であったジェーン.ハーマンは2007年、暴力的な過激と自国内で成長するテロ防止法の制定を提案した。下院議会で圧倒的な支持を得て通過したが、上院議会では投票を阻止された。8年後、多様な背景及び動機を持つ圧倒的に多数のISIS支持者又は同情者は、何らかのISIS活動に関与しているか、又はISISのイデオロギーに触発されているアメリカ人である。そのような米国内のISIS関連の活動家は既に 「前代未聞の規模」で増大し、多数の州で国内ISISテロリストが育つ土壌が構築されつつある驚異的な現状を浮き彫りにした。 (さらに…)

ツーリズムはテロリズム及び自然災害に影響を受けない

2015年の国際旅行は増加することが予測されている。テロリズム及び自然災害はツーリズムに長期的影響を与えない。 感染病が流行した国及びテロ攻撃が発生しやすい国も含めて、グローバル旅行は最も雇用と経済を促進する部門の一つである。観光客に人気のあるフランス、日本、米国は歴史的に悲惨な事件発生後一時的にツーリズムが衰えたが、必ず回復しているとことを示唆するデーターがある。 (さらに…)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。