アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2017 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

2015年12月17日 のアーカイブ

ライアンは超党派のクリーンで公正な予算法案を成立

下院および上院はいずれもオバマケアを撤廃する条件付き予算法案の制定を試みたが、いずれも同じ法案ではない為、その後進展はなかった。元下院予算委員長、現在下院議長であるポール.ライアンは昨日両党の代表者が予算交渉を成立させたことを発表した。これは、オバマケアの撤廃やプランズ.ペーレンフッズ(P.P)への融資を停止することを条件に政府閉鎖を脅かすような両院が試みた党派的な予算法案ではなくクリーン(清浄)な継続法案である。ライアンが中心となって、他の共和党および民主党代表者と超党派の予算案を交渉し、成立させたものである。下院議長就任後、ライアンは初めてオバマ大統領も満足する最初の大きな成果を示した。なぜ、これが公正な法案であると言えるのか?ライアンがジョン.ベイナーの後継者になったその意義は、就任後の彼の言動がある程度示唆している。 (さらに…)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。