アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2016 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

America has far more gun homicides than other developed countries.

100万人当たりの米国の銃器による殺人率(赤):資料 Vox

2015年最も頻繁なニュース速報の一つは銃乱射による大量殺戮事件であった。450人以上が死亡した今年は年間を通して、人口密度の高いカリフォルニア、イリノイ、フロリダ州などで高率の銃による暴力が発生した。ホワイトハウスは新年早々、銃器販売でのバックグラウンド.チェック(B.C)の拡大を含む大統領令を公表すると発表した。就任最後の年になるオバマ大統領の2016年最初の取り組みは銃規制である。

2015年は平均340件の範囲で発生した大量殺人事件で457が死亡した。米国の銃による殺人事件はカナダの6倍高く、スエーデンの7倍、ドイツの16倍高い。国連のデーターに基づくガーディアンの調査によると、米国は銃の所有率が世界で最も高く、100人あたり平均88の銃を所有している。イエメンでさえ100人あたり平均54.8である。米国大半の国民は全く銃器を保持していないが、銃収集者を含む銃保持者は複数の銃器を保持している為、このような数値になると思われる。もちろん、麻薬、ギャング、殺人、人権侵害が横行しているホンダラス、エルサルバドル、ジャマイカなど治安が最悪の発展途上国での銃の暴力の高さは米国以上であるが、先進国で銃の暴力が頻繁に発生している国は米国だけである。驚く事に、最も多発した7月には40件以上が報告され、4人またはそれ以上が負傷する大量殺戮事件はほぼ毎日発生している。これは米国の異常性の一側面である。

一般的に死者数がゼロであっても 、4人またはそれ以上の負傷者が発生した場合を大量殺戮と定義されている。銃暴力アーカイブの詳細な資料をアメリカ.ウォッチが調査したところ、2015年大量殺戮事件の発生件数は329であり、最も多かった州は人口最大数のカリフォルニア州である。南カリフォルニアではロスアンゼルスおよびサンディエゴがそれぞれ3件で最も多く発生した。北カリフォルニアではストックトンが3件、首都サクラメントで2件発生した。2015年の大量殺戮事件の月別では1月に23件、2月に16件、3月20件、4月19件、5月35件、6月36件、7月に41件、8月39件、9月34件、10月20件、11月27件、12月は19件発生した。 12月は比較的発生頻度が低いものの、2日にサンバナディーノ市で 14人死亡し、21人が負傷したテロ攻撃は2015年の最悪の記録である。

州名 発生件数 州名 発生件数
カリフォルニア 28 アラバマ 4
イリノイ 25 オクラホマ 4
フロリダ 24 ケンタッキー 4
ニューヨーク 21 コロラド 3
テキサス 19 ネブラスカ 3
ジョージア 19 ウィスコンシン 3
ペンシルベニア 15 アイオワ 2
ルイジアナ 13 アーカンソー 2
オハイオ 13 オレゴン 2
メリーランド 13 ニューメキシコ 2
サウス.キャロライナ 11 コネチカット 2
ノース.キャロライナ 11 ミシシッピー 2
テネシー 11 ワシントンD.C 2
インディアナ 10 ワシントン 1
ミシガン 10 サウス.ダコタ 1
ニュージャージー 9 ノース.ダコタ 1
ミズリー 8 モンタナ 1
アリゾナ 6 ネバダ 1
バージニア 5 カンザス 1
ミネソタ 5 デルウェア 1
マサチューセッツ 5 ロード.アイランド 1
オクラホマ 4 バーモント 1

このような状況を放置しておくことも異常であるが、オバマ氏は来週早々行政行動による銃規制を発表する。その内容はB.Cの拡大、小規模の銃販売業者に対するライセンス取得の義務、紛失または盗難銃の報告義務、精神異常者による銃器の入手を不可能にする措置、その他の銃販売の抜け穴を塞ぐことなどが含まれる。この大統領令の発表は1月12日に開催されるオバマ氏最後の一般教書演説より早い時期になるかどうか不明である。ホワイト.ハウスによると、オバマ氏は議会に求めている銃法改革の法的措置をとる可能性は低いことを承知しているため、行政的に行使可能な付加的活動があるか​​どうかを確認するため、数ヶ月前ホワイトハウスのメンバーと共に、銃の暴力を減少させるための行動を取り、月曜日選択について論議するため司法長官と会談する予定になっている。大統領は現在の状況に満足していない為、今年こそは、米国の子供達が安全であることを目指すことに全ての人々が参加することを求め、近日中に完成させることを期待していると報告されている。

オバマ氏は、2012年コネチカット州ニュータウンで20人の子供と6人の教師が殺害された事件を含め、コロラド.スプリング及びサンバナディーノで主な大量殺戮事件があった後、銃法の強化を頻繁に訴えてきたが、議会では一握りの民主党上院議員がオバマ氏と同じような主張をするのみで、議会が実際に行動を起こすことはなかった。銃販売の抜け道を防ぐための常識的なB.Cさえ取り組むことが不可能な点は移民法と同様であり、党派的政策のみに集中する極右派傾向が主要因である。そのような常識的な銃規制において、オバマ政権は銃法を遵守する人々から銃を奪う意図は全くないため、銃を殺人に利用することを謳っていない憲法修正第二条とは無関係である。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。