アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2016 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

中央アモン.バンディ

武装民兵が何らかの政治的目的により武器を利用し、政府を脅す場合、これはテロリズムの行為であるが、現在オレゴン州で連邦政府の建物を占拠した武装民兵と活動家は誰かを殺害または傷つけていない為、テロリストとは呼ばれていない。連邦政府の土地を非合法に利用し、武装民兵を率い銃で脅すことで政府に対抗した家族のエピソードは2014年にメディアが公表した。今年、その家族の二人の子息は別の州で類似の問題を提起している。行動そのものは連邦政府に対する謀反であり、幾つかの理由により国内テロ行為の一種であると言える。

ネバダ州のクライビン.バンディは長年連邦政府所有の土地上で家畜の放牧権利を主張し支払いを拒否していたことで2014年4月から注目されるようになった。地元の連邦政府管理当局は、彼が所有する家畜を包囲しようとしたが、武装した民兵らは銃で脅したため、危機を察した当局は法務執行を断念した。このエピソードで活力を得たバンディ家の息子達は、新年2日目に武装した民兵を率い、オレゴン州南東にある国立野生動物避難所の連邦政府の建物を占領し始めた。現在、彼等は反政府の活動家に長年の占拠が可能であると宣伝し、この占拠運動に参加することを呼びかけている。このグループは長期的な連邦政府に対する謀反を宣告した。

ワシントン.ポストによると、3,000人未満の人工であるオレゴン州バーンズ町に在住する76歳のドワイド.ハモンド73歳と彼の息子スティーブン.ハモンド46歳は連邦政府との衝突が10年続いた後、昨年10月に5年の懲役を宣告された。ハモンド親子は2001年及び2006年に連邦政府の土地に放火した容疑で告訴された。彼等の弁護士は、放火は彼等が所有する土地で行なわれたと主張し、一度は侵襲的な草木の拡大を防ぐため、ある時には山火事の拡大を防ぐためであるが、事故で公的土地を燃やしたと主張した。しかし、検察官はハモンド親子が連邦政府の土地で非合法の狩り鹿の証拠を破壊するため放火したと主張した。ハモンド親子はその罪状により服役していたが、昨年末、連邦控訴裁判所は彼らの最初の犯罪判決は短期的過ぎたとの結論を下した。なぜなら連邦財産上の放火は最低5年の刑務が必須であるとし、彼等を刑務所に戻すよう命令した。彼等はこの決定について刑務所に報告し、再服役するつもりであるが、武装民兵の占領についてはコメントしていない。

ハモンド親子を支持すると主張した数百人のグループは2日バーンズ町内を行進した。その直後、クライビンの子息であるアモン.バンディおよびライアン.バンディと彼らが率いる武装民兵らは、連邦政府の土地を放火したハモンド親子の処罰に対する抗議であると主張し、休日で閉鎖されていたマラー国立野生動物避難所に侵入し建物を占拠した。武装した民兵および活動家らは、暴力を意図していないと述べているが、警察が彼等を建物から追放する動きがあった場合暴力もあり得ると主張し、現在無期限の占領になると述べている。ハーニー郡の法執行当局は状況を監視している状態である。バンディとその仲間の目的は連邦政府の土地を自由に利用することであると主張しているが、真の動機は郡政府及び連邦政府に対する反乱である。平和的にその目的を達することが不可能な場合、紛争に発展することもあり得ることを表明している。占領を主導したアモン.バンディは「人々が十分長い間虐待されているため、文字通り貧困になるほど彼らの土地と資源は奪われているので我々はここにいます」と語った。また、避難所は合法的に人々が所有している為、それを使用する予定です」と表明し、「私たちは憲法の原則を理解している人々の統一体としてここにいます」と述べた。

オレゴン州南東に位置する国立野生動物避難所

20年間連邦政府と紛争を続けているクライビン.バンディのケースは、彼が家畜の放牧に利用していた連邦政府の土地は彼の先祖が所有していたと主張し、彼は長年放牧の使用料金支払いを拒否し続けた。 連邦法務執行の強制に直面した昨年4月、バンディ家は武装した民兵による銃の脅しを利用して対抗した。連邦政府当局は子供を含む一般の市民が巻き添えになる流血の惨事を恐れ、その時点で法務執行を強制的に遂行しなかった為、勝ち誇ったバンディ家は約20ヶ月後、無謀な行動をエスカレートさせている。オレゴンで武装集団を伴い、連邦政府所有の建物の占拠を開始してから今日で3日目を迎えた。2014年には父親が紛争の中心となっていたが今回は彼の二人の子息が占拠を先導している。

連邦政府の土地および建物を巡る所有権の紛争は、アメリカの西部開拓時代の移住の歴史および連邦政府と州政府の土地の規定に何らかの関連性がある。いずれも政府の土地管理に不満を抱いていることが要因であると思われる。彼等の行動にはテロリスト的要素が幾つかある。表面上はハモンド親子を支持するためであると主張しているが、CBSニュースは、ハモンド親子はバンディ兄弟および彼等の活動家とお互いに話をしたことがないと語ったと報告している為、この点が不可解である。また、法的問題で政府と交渉する意図があるなら武装し威嚇する必要はないはずであるが、不法に連邦政府の建物を占拠し闘争を煽っていること事態が反政府活動であり、暴力的に政治的不満を非常識的な行動で示している。最後に、彼等は場合によっては死ぬことも覚悟していると威嚇している為、潜在的な惨事を招く国内テロ行為の要素がある。この問題の今後の展開が注目される。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。