アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2016 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

最近のグローバル経済は不安定な幾つかの要因がある。最近、米国株式市場はあまり芳しくないため懸念が拡大している。15日、ニューヨークの株式市場はパニックによる売りが相次いでいることが報告され、今年は景気後退に突入する可能性も懸念されている。そのような状況で、著名な研究所による複数の経済学者は2016年のグローバル経済を予測している。

15日のNPRによると、株式市場はパニック売りで打撃を受けているため、株価は営業時間内に追加の2%下落させる要因になった。東部時間午前中の10時半にはダウ工業平均株価は16,040前後を推移し、今年はこれまでに約8%低下した。石油価格の急落は株式市場に多大な影響を与えていると伝えられている。15日には石油価格はバレル当たり$30以下に急落した。2014年6月には約$115だった為これは急激な安値である。米国石油産業の利益が急落するため最悪の一時的解雇が悪化すると予測されている。

ウォール.ストリート.ジャーナル(WSJ )によると、石油輸出国機構13のメンバーによって販売されている原油のバスケットは、13日にバレル当たり$25.69に低下した。中東からアジアに原油を輸出するベンチマークのドバイ.マーカンタイル取引でオマーン原油先物は水曜日$25.88に下落した。世界で最も安い原油はカナダで$ 15以下である。WSJの経済学者による最新調査は、米国は今年17%景気後退に直面する可能性があると述べている。これは過去3年間で最も高い率である。また、80%は経済に下振れリスクがあると見ていると報告されている。原油価格の急落に加えて、中国の工業部門に顕著な減速があることも一因であると言われている。

ゴールドマン.サックス研究所(G.S.R)の複数の経済学者は2016年の世界経済の見通しを公表した。チーフ.エコノミストのヤン.ハットジウスはグローバル経済成長の小さな上昇と先進国労働市場に更なる改善があることを期待している。新興市場は、今後中国の更なる減速でミックスした状況になる。また、米国労働や住宅市場に改善があり、追加利上げとドル高のため全体的成長に小さな減少があると予測している。G.S.R新興市場マクロ戦略主任のカマクシャ.トリベディは、2016年には新興市場の成長に適度な上昇があると見ている。これは5年連続的に減速があった後、インドのような国で経済が拡大した為、長期的に価格が低下している商品、米国の金融引き締め、及び中国の減速が相殺に役立っていると述べている。

G.S.R欧州経済学者ヒュー.ピルは、ユーロ圏の成長率は低い原油価格、弱い為替レート、より良い国内の金融状況、及び財政拡大に支えられ、2016年には1.5%前後の推移で成長すると予測している。G.S.R上位欧州経済学者アンドリュー.ベニートは、2016年の英国の成長はより高い所得及び消費支出によってわずかに改善すると予測している。G.S.R日本の主任及び日本株の戦略副議長キャシー松井は、2013年以来、主要な先進国市場で最高の実績がある日本は企業経営システムの改善および前向きな株式を保持する構造改革のため、引き続き堅実な利益があると判断している。

G.S.Rアジア太平洋経済学者の主任アンドリュー.ティルトンは、2016年にアジアに2つの支配的な課題があると予測している。それらは中国の減速と米国金融政策の正常化である。しかし、アジアはインド、インドネシア、フィリピンを含む幾つかの国に世界で最も有望な成長市場を維持すると予測。2016年初期に中国政府は支出を増加し、短期金利を下げることで経済成長の支援を継続すると期待している。G.S.Rのラテン.アメリカ研究所長アルベルト.ラモスはラテン.アメリカ全域の経済は複雑でまだ不確実な見通しであると説明している。彼は、景気後退と多数の障害がある凸凹経済に直面しているブラジルが不況から回復するために必要な財政改革と政策公約を設計している。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。