アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2016 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

1週間後に最初の指名選挙がスタートする今日、その最初の競争で共和党有権者に指名される可能性が最も高い共和党候補者はドナルド.トランプであることを全国世論調査の結果が示唆している。 衰えないトランプの勢いに焦りを見せる共和党主流派グループは、反主流派の有力候補者に対する激しい攻撃戦を展開している。しかし、反主流派を支持するグループも熾烈な攻防戦を繰り返している。

ワシントン.ポスト /ABCが1月21日から24日までの期間に実施したランダム抽出による電話でのインタビュー形式の世論調査によると、早期指名選挙ではトランプが選出される可能性がある。インタビューに応じた回答者の35%はこの選挙を良く注目しているが、44%は適度に注目している。さほど注目していないと答えた参加者はわずか13%である。また、60%の国民が現状に満足していない一方で、国が正しい路線に沿っていると判断している参加者はわずか36%である。従って、75%以上の国民は程度の差はあるものの、大統領選に関心を示していることを示唆した。共和党支持者の世論を反映している幾つかの重要な質問に関する結果は下記の通りである。

⑴ 最初の大統領選の指名選挙が今日行なわれた場合、 誰に投票しますかとの質問に対して、トランプと答えた率は37%、テッド.クルーズ21%、マルコ.ルビオ11%、ベン.カーソン7%、ジェブ.ブッシュ5%であった。⑵ 支持する候補者を絶対に投票するか、または気が変わる可能性があるかとの質問にトランプを支持する有権者の57%は「絶対に投票する」と答え、トランプ以外の候補者を投票すると答えた有権者の65%は「気が変わる」可能性があると答えた。トランプの投票確率は他の候補者に比較してかなり安定していることを示唆している。この調査の解説者であるW.Pベテラン.ジャーナリストのダン.バルツによると、指名選挙の投票参加率は低いが、トランプの支持者は投票に参加する確率が高い為、他の共和党投票登録者の中でトランプは16ポイント有利であると解説している。

しかし、⑶ 「大統領として受け入れられるか又は受け入れられないか」との質問に関して「受け入れられる」と評価された大統領候補者はルビオが最も高い67%の評価を得た。彼を「受け入れられない」と答えた率は22%である。次に、クルーズは66%(拒否率26%)、65% はトランプを受け入れ(拒否率32%)、62%はカーソン(拒否率30%)、52%はブッシュ(拒否率45%)である。 ⑷ 56%の共和党有権者は、大統領として選出される可能性がある人物がトランプであり、17%の共和党有権者はクルーズが勝利すると信じている。

課題別評価 トランプ クルーズ
大統領選に勝利する最大のチャンス 56 % 17 %
経済向上に良好に対処する 55 % 16 %
ワシントンを変えることに期待 51 % 17 %
銀行を規制する 50 % 14 %
テロリズムに良好に対処する 45 % 19 %
移民問題に最善の方法で取り組む 44 % 18 %
身近な課題に注目する 36 % 20 %
国際危機に対処するリーダシップ 31 % 23 %
最も正直な候補者である 27 % 17 %
性格および気質の好印象 22 % 24 %

ワシントン内外の主流派共和党リーダー達はこの現実に著しい焦りを見せていると言われている。26日のニューヨーク.タイムスによるとスーパー.パック(S.P)を管理している主流派グループは、反主流派の候補者を攻撃する宣伝広告に多額の資金を利用している。ターゲットにされる反主流派のグループも攻撃的に対抗している。特に、ルビオを支持するS.Pのグループは主流派の候補者に対抗し、お互いの攻防戦に火花を散らしている。S.Pで最大の資金を集めているブッシュを支持するS.Pグループは、移民法の問題に風見鶏的であるとしてルビオを批判し、クリス.クリスティを支持するS.P グループはルビオの上院議会出席記録の乏しさを侮辱している。これに対して、ルビオを後援するS.P管理グループは、ジョージ.ワシントン橋閉鎖のスキャンダルにクリスティ知事が関与していることを思い出させる広告で反撃している。

WP/ABCの世論調査は、大半の共和党有権者が早期指名選挙でトランプの勝利を予期していることを示唆した。21 日に公表されたCNN/ORCによる別の世論調査でもアイオワの共和党有権者の支持率はトランプが37%、クルーズが26%で11%引き離している。アイオワの共和党支持者はトランプの移民法およびテロ政策を支持している傾向が強いが、同性結婚などの社会的課題ではクルーズを支持していると言われている。最初の指名選挙でトランプがクルーズを制覇した場合、その傾向は今後も続くと予測されている。主流派が共和党有権者の意識を転換させる劇的な方法を発見しない限りトランプの勢いに最後まで対抗出来ず、行き詰まりに直面する可能性がある。現在、主流派は正念場に直面している。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。