アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2016 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

電子デビット.カード(EBT)

米国の5人に 1人の子供は十分な食べ物に恵まれていない。今日、オバマ政権は児童飢餓救済プログラムを導入する為、全国の子供達が影響を受けているアメリカの児童飢餓について専門家と直接議論するための会合を開催することを公表した。オバマ大統領は児童飢餓を防ぐための投資計画としての新プログラムを導入する為、議会に120億ドルの融資を要請する。

ホワイトハウスによると、2014年米国の7所帯中1所帯は食料不足を経験した。食料不足の所帯の40%、および米国世帯の約6%は食糧安全保障が非常に低いと考慮されている。約7万世帯の中で少なくとも1人は食料資源が不十分なため健康的な栄養摂取に問題があり、低所得者の健康的影響は多大である。ホワイトハウス経済諮問評議会(CEA)の報告によると、 SNAP受給者のカロリー摂取低下はここ一ヶ月で推定10〜25%の範囲で減少した。その月の最初および最後の週の期間、低所得者成人の低血糖による入院率は27%増加した。その月の最初および最後の週の期間、SNAP世帯の学校児童の懲戒処分率は11%増加した。これらは全て食料不足に起因する栄養不足が原因であるため、州政府は政府の栄養プログラムにアクセスする事が重要である。

27日オバマ氏はSNAPの役割について論議するため、学者、栄養プログラムの関係者、サービス提供者、補助的栄養支援プログラム(SNAP)またはフード.スタンプの受益者、支持団体、宗教指導者、および連邦、州、地方の職員をホワイトハウスに招待した。特に夏休みなどの長期的な休暇中、食糧不足や貧困の家族が安全な食生活を維持するため、食品の費用軽減を援助する為である。現在、全米で無料の学校給食を受けている低所得家庭の子供は約2,200万人であるが、夏の休暇期間中これらの子供達は最も食糧不足および栄養不良の危機に直面している。

新プログラムの目的は ⑴ 米国農務省(USDA)が子供の為の新たなサマー電子受益転送プログラム(SEBT)として、食料品店で食品を購入することが可能な電子デビット.カードを提供する。そのカードを利用することで夏の食糧予算のギャップを埋めることが可能になる為、子供たちの食料不安を軽減する。⑵ また、州は国立学校給食プログラム(NSLP)に依存している低所得家庭の子供に自動的にリンクするメディケイドのデータを使用する事が可能になる。従って、少ない事務手続きで無料給食および学校給食の価格を減少する為のプログラムを利用する学生に証明書を発行し、低所得家庭の子供達のアクセスを増加する。⑶ 子供達の成功を支援するSNAPの重要な役割を実証する研究を構築することなどが含まれる。

オバマ政権の児童飢餓救済プログラムは、州及び地方政府が積極的に子供の飢餓に対処することを奨励している。SNAPの実績として、フロリダ、ミシガン、モンタナ、バージニア、ワシントンの5州は子供の飢餓との闘いを優先し、特に公立学校の朝食プログラム及び地域社会の適正採用の拡大に焦点を当てている。ミシガン州は2011-2012学年度に所帯72%の子供達がSNAPの適正資格者であり、2013-2014学年度に87%まで増加した。モンタナは同州知事とミッシェル.オバマの努力により、ほぼ全ての学校がSNAPの適正資格を取得しているため、全国最大のSNAP利用州である。バージニア州は、学校朝食プログラムへの参加拡大に集中し、子供の飢餓を終える努力に向けて、USDAによる880万ドルの実践賞を利用している。カリフォルニア州は今後2年間で、州の栄養プログラムを40万の適正資格のある子供に拡大するため、州の資源を投資することを提案している。コロラド州は、多忙な家族のアクセスを改善するため、栄養プログラムの簡素化と統合性による合理化を図っている。

世界一の経済大国であるはずの米国で2,200万人の子供達が飢餓を経験するべきではない。米国の将来は、今の子供達の成功が鍵であることを強調したオバマ政権の新プログラムは、特に休校になる夏休み時期に低所得家庭の食品購入予算を軽減することで、児童飢餓を防ぐことを強調している。オバマ氏は来月初旬、この2017年予算計画を議会に提出する予定である。議会が承認した場合、このプラグラムに参加する州は申請する必要がある。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。