アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2016 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

アイオワでの劇的な予備選から2日後の今日、主な2人の共和党候補者は不正行為があったと不満を表明している。トランプを除き、殆どの候補者は昨日からニューハンプシャー(NH)でのキャンペーンに集中している。9日に開催される同州での指名投票の結果次第で、複数の共和党主流派の候補者は辞退を宣言する可能性がある。既に今日、2人は辞退を表明した。アイオワでの投票率が5%以下の候補者、特に主流派の共和党候補者はNHの予備選で正念場を迎えることになる。

他の候補者とは行動が異なり、今日アーカンソー州のリトルロックでキャンペーンを行なっているトランプは、テッド.クルーズのアイオワでの予備選で「詐欺」行為があったと主張し、新しい選挙をやり直すか、又はクルーズの勝利を無効にするべきだとツイッターに2回投稿した。トランプは、アイオワでの開票終了直前にクルーズの勝利を祝い、「2番目になったことを誇りに思う」と述べ、アイオワの人々および全ての候補者を賞賛し、常識的な敗北宣言の挨拶を披露した。しかし、アイオワから2日後の今日、態度が一変したことにメディアは反応している。トランプは「クルーズはアイオワで勝利しなかった。彼は非合法にその勝利を盗んだ。予期された投票数よりもっと多い投票を得た」と述べたが、その確定的な証拠を説明していない。ベン.カーソンは アイオワでクルーズのキャンペーンの誰かが「カーソンは選挙競争から辞退する予定である」と有権者に嘘をついたと主張し「汚いトリック」を利用したとして、クルーズのキャンペーンを批判した。クルーズはカーソンに「間違いがあった」として謝罪したが、メディアの報告は 「程よいゲーム」であるとCNNに語った。カーソンはクルーズのキャンペーンの関係メンバーを解雇するよう要求している。

1日のアイオワでの選挙後、潔くキャンペーンからの辞退を表明した民主党候補者のマーティン.オマリー、共和党候補者のマイク.ハッカビーに次いで、ケンタッキー州の米国上院議員ランド.ポールは今朝、キャンペーンからの辞退を表明した。また、2012年にアイオワで指名投票に勝利したリック.サントラムも今日辞退を宣言した。恐らく、この二人は現在残っているいずれかの共和党候補者を支持すると思われる。ニューヨーク.タイムスの支持を得たばかりのオハイオ州知事ジョン.ケイシックは、昨日 NH州マンチェスターの政治イベントで、CNNのインタビューに答え、NHでの投票結果が芳しくない場合、キャンペーンから辞退すると明言した。彼は「自分たちの芸を見て下さいと請い求める吟遊詩人の一座を引きずるつもりはありません」と語った。

アイオワ予備選でのトランプとクルーズの差は4%、クルーズとルビオの差はわずか1%であったこの投票結果は、共和党候補者が多過ぎるため、その中から一人を選択する上で 、有権者に一部迷いがあったことを示唆している。しかし、主流派共和党の著しい葛藤は記録的である。フロリダ州の元知事ジェブ.ブシュは彼の寄付者、後援者、共和党主流派の支持者に彼がNHでルビオに追いつかない場合、辞退するべきだとプレッシャーをかけられている。3日のニューヨーク.タイムスによると、先月キャンペーンから辞退し、ブッシュの支持を公表したサウス.キャロライナ州の米国上院議員リンジィ.グレイアムは、同州内のキャンペーンに同行し「もし、ルビオがNHでひどく彼を打破した場合、ジェブは終わりなのでルビオに勝つか負けるかのどちらかである」と述べた。アイオワで約3%の投票率であったブッシュは多大なプレッシャーに直面している。しかし、NHでキャンペーンを続けるかどうかを記者に聞かれ 「ああ、私は続けるよ。ええ、私は継続していますよ」と反発するような口調で答えた。

同じような投票結果であったクリス.クリスティ及びケイシックもNHで投票率を著しく向上させる必要があるが、ブッシュを含むこれら3人の主流派の中でキャンペーンに残る可能性が最も高い候補者は、スーパーPACに最も選挙献金があるブッシュであると予測されている。ブッシュの強みは支持者の活動的なネットワークであり、グレイアムの組織が後援していることである。また、特に2,000万ドルを攻撃の広告に費やしたルビオに対して、又他のライバルを攻撃するため、ブッシュを支援するスーパーPAC組織は、数百万ドルを使う計画がある。ブッシュの本格的な戦いは今から始まるとの意欲を示している。しかし、ブッシュのトップ.アドバイザーは、アイオワ州でのルビオの投票結果は、現実的にはブッシュがトランプおよびクルーズの「論理的な代替えである」と主張することは難しいと理解している。ブッシュはそのようなジレンマに葛藤しながら、NHでのキャンペーンでルビオおよびトランプに対する攻撃を開始している。

今月辞退を公表した複数の候補者を含め、アイオワでの投票率が5 %以下だった共和党候補者は、ポール4%、ブッシュ3%、ケイシック、ハッカバー、クリスティ、サントラム、カーリー.フィオリーナの5人は 2%、サントラムが1%である。この中で最後までトップ3人に挑戦する可能性がある候補者はブッシュであると予測されている。NHではブッシユと同様、ヒラリー.クリントンにとってもかなりの挑戦になる可能性がある。1月17日から2月2日までに6つの世論調査機関が実施した平均支持率はクリントンが38.0%、サンダースは55.5%である。サンダースはこれら6つの機関で最低8%から最大29%ポイントの範囲で、全てクリントンをリードしている為、同州はクリントンにとって最も挑戦の州である。クリントンは、サンダースとのギャップを埋めるため「進歩的」な民主党大統領候補者としてアピールし始めた。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。